新刊を読むにあたって、過去に何度か絵の雰囲気を基準に選んだ経緯があります。自分の感性で正直に選び、手に取っていました。 それ自体が悪い事ではありませんし、どの作品も個性があり面白かったのですが、何故か私が選ぶものは[萌え […]