私がこの本に出合ったのは、デス・ゲームが題材の作品についての愚痴を友人達と言い合っていたことがきっかけとなりました。 似たようなものばかりでつまらないといった話をしている中で、ちょっと毛色の違うものがあるよと一人から勧め […]