「死んでも描くよ、エロマンガを。」そんなキャッチコピーが踊るのが『ハームフル・ビューティフル』です。主人公の京太郎は高校生でありながらエロマンガ作家であり、理想のエロを描くためにエロマンガを描き続けています。 ところが、・・・