「執事たちの沈黙」という題名を聞いて、まず連想するのは、あの有名な某映画。どこらへんをパロってるんだろう??と気になる題名に本を手に取ってしまいます。そして作者はあの桜田雛先生。重めの暗いテーマでも、その耽美な絵柄と世界・・・