私がこの本と出合ったのは、中学生時代から20年以上にわたって購読している週刊少年マガジンを読んでいたからでした。 長年週刊誌を読んでいると自分も歳をとってしまい、長期連載している漫画や贔屓にしている漫画家の新連載しか読ん […]