私がこの作品と出会ったのは、書店で平積みされていたからです。タイトルが「あれば」で切られているところが気になり、手に取りました。 独特なタッチの絵と、主人公の山田文子・通称ブンのご飯に対する執着ともいえる姿が面白くて、読 […]