女性同士の恋愛をイメージさせる「百合」作品において、年齢差のあるカップリングを描いた作品は非常に数が少ないです。「星川銀座四丁目1」もそんな数少ない漫画作品の一つで、小学生の少女(一巻では中学生になります)と教師である年上の女性が同棲生活をしている珍しい設定があるのです。

「星川銀座四丁目」の著者である玄鉄絢(くろがね・けん)先生の名前を聞くと「あ!」と反応してしまう方がいると思いますが、成人向け漫画誌に連載されていた「少女セクト」が有名かと思います。少女セクトはアダルトアニメとして映像化もされた作品で、当時として珍しいガールズラブを全面に押し出したアダルトアニメなのです。

そのようにガールズラブが世間に浸透するキッカケや土台を作った著者が、2009年に芳文社のアンソロジーコミック「つぼみ」より、アダルト表現を抑えながらも年齢差のカップルを丁寧に描いた作品が「星川銀座四丁目」となります。

あらすじ

小学6年生の「松田乙女」は学校の教師である「那珂川湊」とわけあって同棲生活を送っていました。年齢差がありながらも何か特別な感情を乙女に抱く湊と、不器用な湊の代わりに家事全般をこなす乙女の共同生活が続いていきます。

湊はいつか乙女を娘として向かい入れようとしますが、そんな湊の気持ちを痛いほど理解して健気に家事を行う乙女。日常生活の中ではお互いを大切に思い、年齢や性格、立場も違う2人の日常生活が描き出されています。

女性同士の美しい立ち振る舞いや2人の距離感が見事に表現されています。年齢差を含む環境の違いからか一緒にいても近くて遠い存在のような乙女と湊が、ゆっくりと分かりあって穴埋めしていくような物語が進んでいくのでした。

感想

年齢差・同性 少女と教師の同棲生活

「星川銀座四丁目1」の大きな特徴である少女と教師の「年齢差のカップリング」が素晴らしい作品で、お互いの欠点を補いながら同棲生活をしているように見えました。乙女は小学生ですが料理も出来て家事全般が得意です。一方で教師である湊は家事が苦手で不器用、精神年齢が乙女よりも低い印象を受けます。年齢や性格、立場が違っていても、精神的に足りない部分を補う様子が伝わってくるのです。そのような距離感が丁寧に描写され、さすがだと思いました。

疑似家族のような体制をとり、将来的には乙女を自分の娘としようとする教師の湊。しかし小学生の乙女に抱く感情は恋愛的なので、年齢差からの葛藤も描かれています。ただ乙女も湊に特別な感情を抱いているので、大声で告白しなくても自然と分かり合える姿が美しかったですね。ユニークなのが、しっかりしなければならない年上の湊が小学生の乙女に依存しまくっていることです。乙女を大切に思うあまり大泣きしてしまう湊の姿は、どちらが大人か分からなくなります。

成人誌で作品を制作した玄鉄先生ですが、手が触れただけで赤面してしまう様子、相手のことを大切に思うあまり悩んで葛藤する姿は見事です。どんなに両想いでもキスをすることは簡単なようで難しいですし、乙女と湊のような立場なら尚更ではないでしょうか。百合を描いた作品でも、直ぐに肉体関係描写や過激な肌色要素を入れる作品が増えている中で、あくまでキスまでの描写で抑えながらも、作品の本心だと個人的には思っている精神的な強い繋がりを重視する姿勢を感じました。

女性同士の恋愛描写が苦手な方は注意

女性同士の恋愛や触れあいといったガールズラブをテーマにした作品なので、苦手な方も存在すると思うのです。女性同士のキス描写や一巻では「乙女とエッチしたい!」という湊のセリフもあるので、ガールズラブに感心の無い方にはオススメできません。また、成人漫画誌で連載していた著者の過去も読み手を厳選すると感じています。そのような偏見関係なく「星川銀座四丁目」の完成度は高いので多くの方に読んでほしいのですが、読み手を選ぶのは事実だと思いますね。

「星川銀座四丁目1」に登場するメインキャラクターは非常に少ないです。基本的に乙女と湊の2人による生活を描かれています。キャラクターが少ない欠点は、2人の濃い日常描写によってさほど気にならなかったです。キャラクターも現代の萌えキャラのようなデザインではないので好みが分かれますが、美しい身体の描き方が素晴らしく、特に目の描き方がとても綺麗で素敵です。キャラクターデザインだけで判断するのは勿体ない作品でもあります。

全体的にほんわかとした作風で、過激なアダルト的描写も極力抑えられています。ですから「少女セクト」のように直接的な肉体関係を期待して読むと拍子抜けするでしょう。キャラクターの下着姿やキス描写は出て来ますが、上で記載したように「星川銀座四丁目」という作品は読むうえで、2人の距離感などの精神での強い繋がりに注目してほしいのです。もちろん「少女セクト」が好きな方なら、きっとこの作品の良さも分かると思います。

2人の距離感やお互いを大切に思う気持ち

登場キャラクターについて述べますと、小学6年生でしっかり者の「松田乙女」は家庭の事情から教師である湊の家に住んでいるようです。理由は定かでありませんし、一巻には乙女の両親であろう人物が口論するシーンが冒頭で描かれています。乙女の頼れる存在は不器用の湊しかいないという状況の中でも不安を表に出さずに湊の世話をする姿は、まるで駄目な夫を支える妻のようにさえ感じますね。もっとも、乙女もクラスメイトから「先生の奥さんみたいだね」と言われていました。

教師である「那珂川湊」は乙女とは対照的で家族に愛されて育ちました。溺愛して育てられたからか、高校生になっても自分の下着がどこにしまっているか分からないほどです。世間で大人と言われる湊ですが、乙女のことになると子供のように泣き出すなど、乙女の保護者でありながら乙女に対して甘える子供のような一面も持っているキャラクターですね。教師という立場に葛藤しながらも乙女を大切に思う気持ちは人一倍強く、あたふたしている様子が良い。

一巻では2人の日常生活が中心に描写されますが、後半から湊の友人である「観月」という女性が登場します。観月も湊のことを大切に思っていて、同棲している乙女に対してライバル視しているようです。湊と乙女、そして観月の三角関係が展開されていくようで今後の動向が気になります。観月は子供相手にムキになっている自覚があっても、湊のことを思うと乙女の存在が良く思えません。観月と乙女の関係性によって湊がどのような対応をするのかも重要になるでしょう。

まとめ

表紙からもほんわかとして幸せそうな2人の雰囲気が伝わってきます。育った環境も対照的で何もかも違う2人の同棲生活を見ていると、お互いを大切に思う両者に対して素晴らしいと思う反面「ガールズラブ」というジャンルの作品について考えさせられます。女性同士の恋愛を描いた作品は多種多彩に出版されていますが、肉体的にもそうですけれど、依存とも思えるほどお互いが強く繋がろうとすること、精神面での影響や葛藤を描いた作品は貴重ではないでしょうか。

「星川銀座四丁目1」を読んで、乙女と湊の距離感が読者である私にとっても心地良く、読んでいて2人のイチャイチャをずっと見ていたくなりました。同性であるが故の恋愛における悩みは複雑で一筋縄では解決できませんが、乙女と湊はそんな問題も簡単に解決できそうな絆を感じました。しっかりと相手の立場を考えて行動していますし、本能的になりやすいイチャラブシーンでもきっちりルールを設けようとする姿勢に可笑しいと思いながらも感心してしまいました。

「星川銀座四丁目1」をご紹介してきましたが、女性同士の恋愛・百合的な作品や年齢差のあるカップリングが好きな多くの方にオススメできる漫画作品です。ただ、著者の方が男性なこともあって男性目線から描かれた作風だと感じたシーンもありましたから、女性から見た評価が気になる所です。しかしそのように気になる要素が存在しますが名作だと思います。全3巻の単行本が発売されていますが、2017年に新装版である上下巻が出版されているので、もし興味のある方は参考までに。

オススメ度
★★★★★★★★★☆ ★9

記事担当:キリンリキのしっぽ