Pocket
LINEで送る

『隣人を妹(まい)せよ!』、もっと人気出ないかなあ……。あ、すみません。心の声が漏れていました。

もちろん、充分に人気はあるはずです。既刊6巻と、刊行ペースがゆっくりな4コマとしては長寿の部類に入り、掲載誌の「まんが4コマぱれっと」でもたびたび表紙を飾っていますので。けれど、もっと知られていい。『すのはら荘の管理人さん』の次はこちらをアニメ化してほしい、とかなんとか。

そこで今回は、先日発売された最新刊6巻の内容を中心に、『隣人を妹せよ!』の注目ポイントをご紹介させていただければと思います。

あらすじ

高校3年生の江藤巽(たつみ)は、「名字が同じだから」というだけの理由で、アパートの隣の部屋に引っ越してきた後輩のまとりに「お兄ちゃん」と呼ばれています。うらやましい。

『隣人を妹せよ!』は、そのまとりに加え、幼馴染のみなみ、合法ロリなの士虎、男友達の宇佐木など、多種多様なヒロイン(?)が巽を狙う、群雄割拠のラブコメマンガ。5巻からは新たに、二重人格ヒロインのささなも参戦して、ますますにぎやかになってきました。

5巻の最後で、「正々堂々と戦う」ことを約束したみなみとささな。6巻は、このふたりの巽へのアプローチが主なハイライトになります。巽のハートを射止めるのはどっちだ!?

感想

誰とくっつくか分からないドキドキ感がたまらない!

『隣人を妹せよ!』の面白いところは、巽が誰と付き合うのかがいまだにはっきりしない点です。最近のラブコメでは、主人公とメインヒロインが最初から両想いというパターンをよく見る気がしますが、どのヒロインとくっつくことになるかを考えながら読む楽しさがあるんですよね。

特に活躍が目立つのは、前巻からの新キャラであるささな。6巻では、巽のためにお弁当を作ってきてふたりで食べるという定番イベントを発生させます。おとなしいけど一途に巽を想う「ささな」と、大雑把だけど行動力がある「さーな」、ふたつの性格を使い分ける彼女ならではのアプローチ方法は一見の価値あり。

その場面をみなみも見てしまうのですが、今回はささなの番だからと、邪魔をしたりはしませんでした(本人いわく、「ターン制」)。実は巽だけでなく、ささなもまた、みなみの幼馴染。恋のライバルである前に、大切な友達なわけで。友達以上・修羅場未満な独特の人間関係も、本作の魅力のひとつです。

幼馴染のみなみが一歩リード?6巻ではついに……

粒揃いな本作のヒロインたちの中で、現時点で巽と恋仲になりそうなのは、みなみだと思われます。ラブコメでは引き立て役になりがちな幼馴染キャラが一番良い扱いを受けているのも、珍しいのではないでしょうか。

とはいえ、1巻から登場しているのに、巽との仲を進展させられていないのも事実。それはみなみも自覚しており、6巻では胸と足を強調した服装でアピールを試みます。しかし巽、ラブコメ主人公特有の鈍感さでこれをスルー。……かと思いきや、ちゃんと気づいていてこっそり褒めるという展開に、ニヤニヤが止まりません。

巽の視点から見ても、彼が最も異性として意識しているのはみなみなんですよね。というより、みなみ以外のヒロインって、年下だったり、実の姉だったり、男だったりするので……。このままゴールインしちゃってもいいのですが、作品の盛り上がりを考えると、他のヒロインのがんばりにも期待したいところです。

メインヒロインのまとりの空気っぷりは、何かの伏線?

タイトルの『隣人を妹(まい)せよ!』は、言うまでもなく聖書の一節をもじったもので、メインヒロインのまとりのことを指しています。しかし、批判するわけではないのですが……。まとり、めっちゃ影が薄いです。そもそも「メインヒロイン」なのだろうか? という。

6巻でも、巽の部屋に押しかけて同じベッドで一夜を明かすという大胆な行動をさらりとやってのけています。しかしそれは、良くも悪くも「妹」だと思われているから。恋のライバルという点では、みなみやささなの後塵を拝していますし、そもそもまとりに巽への恋愛感情があるのかも定かではありません。

ただ、このまま巽が幼馴染のみなみやささなと付き合ってしまったら、まとりが隣の部屋に引っ越してきた意味がないわけで。「生き別れた妹」「両親どちらかの隠し子」説はすでに否定されているものの、実は本当にそうだったというどんでん返しもありうると睨んでいますが……。どうなんでしょう?(聞かれても)

まとめ

以上、『隣人を妹せよ!』の6巻をレビューいたしました。新キャラのささながすっかり周囲になじんだ一方、卒業の話題が出てきたりと、どことなくクライマックスが近づいてきた気もしますね。

レビュー本文でも述べた通り、ときには恋敵として火花を散らしながらも、普段は友達として仲良くする絶妙な距離感も本作の特徴。6巻でも、ヒロイン勢揃いでウォーターサバゲーをして服が濡れ透けになるというサービス回……もとい、ほのぼの日常回が収録されています。

気になっていただけた方は、ぜひ1巻から読んでみてください。6巻からでも楽しめます、と言った方がいいのかもしれませんが、少しずつ変わっていく人間関係が面白い作品なので。最低でも、作中屈指のトリックスター・シト姉が登場する2巻から。……あまり変わらない? 失礼しました。

4コマ好きのフリーライター。萌えかどうかを問わず、4コマなら何でも読みます。個人ブログ「まっしろライター」では、新刊コミックスの発売日前レビューも更新中。

Pocket
LINEで送る