Pocket
LINEで送る

以前もレビュー記事を書かせていただいた「先生、好きです。」の2巻が発売されました!「先生、好きです。」は女子校の教師を務める主人公・樋口 夕樹が、自分が受け持つクラスの女子生徒2名に告白されてしまう…という、なんともけしからん物語です

1人の男性教師を2人の女子生徒が取り合う…という設定は、普通のマンガだとかなりドロドロした展開になってしまいそうですよね。しかしこの作品の登場人物は全員ピュアすぎるせいで、1巻ではドロドロするどころか「どっちが先生のお嫁さんにしてもらえるか勝負だ!」という幼稚園児もビックリの健全すぎる争いが繰り広げられていたのです。

ところが最新巻では3人の関係に変化が生じ、ほんの少しだけイヤな空気が流れ始めました。果たして樋口先生と女子生徒2名の恋はどうなってしまうのかっ…!?そんなわけで今回は「先生、好きです。」第2巻をレビューしていきたいと思いますよ!

あらすじ

市川さんと渡辺さんに告白されるも、「教師」という立場から返事を保留し続けていた樋口先生。しかし女子高生たちの猛アピールを受けるうち「2人とも好きだ」という結論に達した樋口先生は、その想いを正直に2人に告げたのだった。

「2人とも好き」という返事をひとまず受け入れた市川さんと渡辺さんは、最終的には自分を選んでもらえるようにと努力を続けている。そんな折、家庭訪問のために2人の自宅を訪れた樋口先生は、奇しくも「ご家族への挨拶」を済ませてしまうことに…

こうした「樋口先生争奪戦」の様子はほとんど互角にも思えたが、いつの間にか「先生が好き」だと公言している渡辺さんが優位に立ち始めることになる。渡辺さんにはクラスメイトや教師陣からも応援の声が集まり始め、徐々に蚊帳の外へと追いやられていく市川さんは…?

感想

いろんな手段で先生の好みを探るヒロインズ

引用元:先生、好きです。 2、三浦糀、講談社、電子版、p35

前巻のラストで「2人とも好き」というまさかの欲張りさんっぷりを見せつけた樋口先生。セリフだけ見ると浮気がバレた二股男みたいな言い分ですが、市川さんと渡辺さんはその答えに一応は満足したようです。女子2名に対して「2人とも好き」と言い放っても嫌われないあたり、樋口先生は本当に日頃の行いがいいんでしょうね…(ちなみに私は同じようなセリフを吐いて、女性からみぞおちに蹴りを入れられたことがあります。)

この一見を経て、市川さんと渡辺さんの当面の目標は「最終的に自分を選んでもらうこと」にシフトチェンジしたようです。相手よりも一歩リードできるよう、樋口先生の好みを探りながら今まで以上の猛アピールを行っていくという流れですね。2巻では「先生はおっぱいが好きなのか」「先生はスカート派かズボン派か」など、より具体的に樋口先生の好みを探っていく様子が描かれていました。

照れつつも先生の好みに合わせてアピールしていく2人の様子がかなり可愛かったです。個人的には渡辺さんがポニーテールにして先生に迫るシーンと、市川さんが樋口先生のことを「夕樹」と下の名前で呼ぶシーンに萌えました。もちろんその他にも数えきれないほどの萌えシーンがありましたので、キュン死したい方はぜひ本編を読んでみてください。

渡辺さんと樋口先生が公認の仲に…!?

引用元:先生、好きです。 2、三浦糀、講談社、電子版、p189

2巻最大のハイライトは、渡辺さんと樋口先生の関係が学校公認になってきたあたりじゃないでしょうか。どうもこの学校では「教師と生徒の恋愛」が禁断だという考え方が希薄らしく、クラスメイトや教師陣にも2人の恋を応援する人が出てきました。男性教師たちに「少なくとも僕たちは2人のこと応援してるからさ」と言われ、渡辺さんと樋口先生が声をそろえて「ありがとうございます」と言ったシーンなんかはもう…尊すぎて、個人的にはアレが最終回でも文句無かったです。

さらに家庭訪問では、渡辺さんのご家族にも気に入られてしまった樋口先生。渡辺さんが樋口先生に恋をしているという事実はご家族にも伝わっているようで、家庭訪問では「結婚式は和装か洋装か」といった話まで飛び出してしまいました。

学校にも家族にも公認され、いつの間にか周囲を味方につけることに成功してしまった渡辺さん。こうなってくると、樋口先生への恋心を周囲に隠している市川さんが一気に形勢不利になってきましたね。渡辺さん推しの私としてはすごくニヤニヤできる展開でしたが…この関係の変化によって少しづつドロドロした展開の気配がしてきたのが心配だったりします。

今まで以上に積極的になっていく市川さん

引用元:先生、好きです。 2、三浦糀、講談社、電子版、p86

2巻は渡辺さんの見せ場が多かったため、どんどん不利な状況に追い込まれてきた市川さん。その焦りのせいもあってか、市川さんは今まで以上に積極的なアピールを繰り返していきます。正直このままだと市川さんが病んでしまうのではないか…なんて心配になってしまう場面もありましたが、まぁ市川さんの猛アピールは見ててエロいので私は満足です。

渡辺さんの家への家庭訪問は「結婚のご挨拶」みたいな空気感になっていましたが、市川さんの家への家庭訪問は「新婚夫婦」みたいになっていたのも面白かったです。市川さんと2人きりで王様ゲームをしてみたり、お風呂上りの市川さんの髪を乾かしてあげたり…男なら一度は体験してみたいシチュエーションを次々にクリアしていく樋口先生が羨ましすぎます。

ただ、2巻ではそんな市川さんの猛アピールもあまり効果を発揮していないように思えました。可愛い娘に面と向かって「じゃあ、私がもっと好きにさせてあげる」なんて言われたらほとんどの男性はイチコロだと思うんですが、樋口先生の鉄のハートは射貫けなかったようです。これらのアピールが次巻で実を結ぶのか…それとも渡辺さん優勢の状況は変わらないのか…今後の展開にも目が離せませんっ…!

まとめ

私が渡辺さん推しなせいで贔屓目に見てしまった部分もあるのかもしれませんが、2巻は完全に渡辺さんのターンだった気がしてなりません。確かに市川さんの見せ場もありましたが、クラスメイト・教師陣・家族を味方につけてしまった以上、渡辺さんの優位はなかなか崩せないような気がしますね。

教師陣が渡辺さんと樋口先生の仲を応援しているところを市川さんが見てしまうシーンなんかもう…「もうやめて!とっくに市川さんのライフはゼロよ!」という感じでした。このままだとあまりにも市川さんが可哀想すぎるので、きっと3巻では市川さんが無双する展開が待ち受けているのでしょう。あぁ…でもこの状況から逆転されたら(私の)渡辺さんがいたたまれない…!でもこのまま進むと市川さんが悲惨だし…!

正直ヒロイン2人とも幸せになってもらいたいので、どちらかが有利になると嬉しい反面、どちらかが可哀想で心が痛みます。もう「今日から日本は一夫多妻制になりました!」とかそんな雑な展開でも文句言わないので、市川さんも渡辺さんも悲しまないハッピーエンドを迎えてもらいたいです。どんな結末を迎えるのかはまだまだわかりませんが、ヒロインが2人とも幸せになる超展開に期待しつつ、今後も「先生、好きです。」のストーリーを追っていきたいと思います!

二次元の世界が好きすぎて脱サラし、マンガ・アニメ専門のライターになってしまったヤバい人です。
朝から晩までマンガを読んではレビュー、アニメを見てはレビューという二次元漬けの日々を送っています。

Pocket
LINEで送る