Pocket
LINEで送る

アパートの管理人が癒し系の美少女高校生だったらどうしますか?『せせらぎ荘のこころちゃん』は会社員ツカレイハテタ(人名)癒し系(巨乳)の女子高校生こころちゃんが癒しまくるアパートメントコメディです。

サイコミで週間連載中でWebとアプリで無料公開されているため、中身を知りたい人は自由にチェックできるのもポイント。もちろん、単行本ならではのオマケ要素も充実しています。

こころちゃんのドジッ子ぶりと時々飛び出す疲労回復のための豆知識が見所ですが、2巻にはアパートの住人みすずちゃん主役のほのぼの回も収録されています。

あらすじ

せせらぎ荘の大家のこころちゃんは女子高校生です。いつも残業や病気などのトラブルと戦うツカレイを癒したり、せせらぎ荘の住民の洗濯を引き受けたり忙しい日々をすごしています。

みすずの人見知り克服に協力したり、苦手な料理の勉強をしたりとこころちゃんは常に一生懸命。そんなせせらぎ荘にすむ住民たちはみなこころちゃんを慕っています。

そんなせせらぎ荘にある日突然、こころちゃんの親友であるナジミちゃんがやってきます。こころちゃんが所要で不在の中、なじみちゃんは常民たちとなじむことができるのでしょうか

感想

みすずちゃんの主役回はほのぼの分多めで癒される

2巻の影の主役ともいえるのが、せせらぎ荘の住民であるみすずちゃんです。極度の人見知りであり引きこもりでもありますが、そんな自分を変えようと努力する面もあります。

誰かがいなければ外に出れないみすずちゃんですが、2巻ではツカレイに挨拶をしようと試みたり、こっそりとこころの手伝いをしようとチャレンジを重ねるのです。

とくにせせらぎ荘にやってくるノラ猫との交流シーンは心温まるものがあります。最初は猫に対して警戒心をむき出しにするみすずちゃんですが、なつかれるうちに徐々に慣れていき、積極的に距離をつめるようになっていくのです。

社畜魂に目覚めるツカレイの覚醒

2巻ではツカレイが覚醒するシーンが収録されているのもポイントです。1巻では基本的に甘やかされる立場のツカレイですが、2巻ではこころちゃんのために奮闘シーンが収録されているのです。

理由はバレンタインデーのチョコレートを受け取るためです。仕事から必ず帰ると約束したツカレイですが、大雪による電車の運行停止に巻き込まれ、いかに窮地を切り抜けるか頭をフル回転させることになります。

そこで生かされるのが社畜(自己申告)としての経験です。ありとあらゆる交通トラブルを想定した上で迂回路を導き出し、せせらぎ荘へ帰るルートを見つけ出します。遅刻欠勤をどうやっても避けたいというサラリーマンの本能に、ある意味涙が出ます。

相変わらずこころちゃんのドジっ子ぶりが光る

しらたま。しらたま。

※サスペンスでもホラーでもありません。コメディーです。

大きな胸と母性、疲労回復のための様々な長所があるこころちゃんですが、弱点となっているのがポンコツぶりです。少しと多くのスーパーに行こうとすれば道に迷い、料理をしようとすれば失敗作を量産することになります。

掃除や洗濯に関しては才能を発揮するのに肝心なところでミスをするのもポイントです。親しい人の周りでは余計にミスが目立つ部分もあり、ツカレイが被害者になることも多々あるのです。

こころの親友であるなじみも度々被害を受けることになりますが、バレンタイン回では特大級のドジをやらかします。そのダメージはやらかしたこころにも絶大なダメージを与え、顔芸ともいえる有様になってしまうのです。

まとめ

・何事も一生懸命頑張るみすずちゃんがかわいい
・癒される側がほとんどのツカレイが活躍する回も
・ドジっ子ぶりが冴えるこころちゃんの顔芸も見所

みすずちゃんの成長が目立つ2巻ですが、こころちゃんのドジっ子ぶりやツカレイとのラブコメ要素など見所は多くあります。

みすずちゃんの成長によってこころちゃん以外の癒し要員が増えていくのもポイントで、せせらぎ荘の雰囲気はどんどん良くなっています。

睡眠の質を高めるための豆知識なども豊富に取り入れられているため、疲れている人や癒しが欲しい人におすすめの一冊になっています。

月10冊程度、年間100冊超の漫画を読むフリーライター。非定期で友人と百合漫画を語る会を開きますが、ジャンルは不問で何でも読みます。

Pocket
LINEで送る