ラブひな(9) (週刊少年マガジンコミックス)

個性豊かな美少女たちの住む女子寮ひなた荘の管理人を務めながら、東大合格に向かって猛勉強を続ける青年、浦島 景太郎を主人公にしたラブコメの金字塔「ラブひな」。今回は、新しい展開が始まるラブひな単行本第9巻のレビューをさせていただきます。

前巻では、太平洋のど真ん中の島「パララケルス島」で失踪した景太郎の大捜索を行ったひなた荘のヒロインたち。努力のかいあって無事に発見された景太郎は、なんとか時間内に入学手続きを終えて東大生になりました。1巻からひたすら掲げられてきた景太郎の東大合格という目標が達成された今、ラブひなは新展開を迎えます。

ここまで景太郎の東大受験に関する話が続いていたこともあり、この巻ではサブキャラが主役の話が多くなっています。景太郎と成瀬川の恋模様はひとまず置いて、9巻に収録されているエピソードでは素子、しのぶ、キツネ、瀬田さん、はるかさんに焦点が合わせられます。これまで謎だった、瀬田さんとはるかさんの間に隠された意外な関係にも注目です。

あらすじ

4回目の受験にして見事、東大合格の夢を果たした景太郎。いろいろとハプニングもありましたが、なんとか入学手続きも終えて東大生となりました。探し求めていた「約束の女の子」も成瀬川である可能性が高まり、恋も勉強も順風満帆です。

そして迎えた東大入学式。意気揚々と会場に赴いた景太郎は、大事故に巻き込まれて全治3ヶ月の重症を負ってしまいます。せっかく東大に入れたのに、しばらく自宅療養となってしまいました。「一生分の運を使い切ってしまったのではないか」と心配になった景太郎は、慌てて成瀬川に告白してしまいますが、返事はもらえません。お互いに少し気まずい状態のまま、景太郎はひなた荘で療養生活を送ることになります。

ところが景太郎もゆっくりしては居られません。素子の姉である鶴子と戦うことになったり、しのぶの家庭教師をすることになったり、瀬田さんとはるかさんの仲を取り持つことになったりと大忙し。しばらくパララケルス島に行っていたメンバーが帰ってきたことで、ひなた荘に喧噪が戻ってきたようです。

感想

いよいよ景太郎の東大生活が始ま…らない

7巻で東大受験を終え、8巻で東大の入学手続きに成功し、9巻でいよいよ東大生としての生活が始まるぞ…!と思っていたのですが、この巻でも景太郎の東大生活は始まりません。東大入学式の当日、景太郎は強風に煽られて落下してきた日本武道館の「光るタマネギ」に押しつぶされてしまいます。普通の人間なら即死というところですが、いつのまにか「不死身」と称されるまでに成長した景太郎は生き延びることができました。ところがあまりにダメージが大きすぎたためか、景太郎の足はポッキリと折れ、全治3ヶ月の大怪我を負ってしまったのです。

東大生になっても景太郎の運の悪さは健在です。これまでも、手漕ぎボートで遭難したり、フェリーから落ちて外国の島に流れついたり…と不運なことは山ほどありましたが、今回の「光るタマネギ」直撃は他と比べても群を抜いた不運だと言えるでしょう。作中ではむつみに「一生分の運を使い果たした」なんて言われてしまう景太郎ですが、よく考えてみればここ2年間の景太郎は、不幸と同等以上の幸運も得ているんですよね。美少女しか住んでいない女子寮に住むことになったり、美少女と2人きりで勉強することになったり…たしかに一生分の運でも使い果たさない限りは、こんな素敵な生活を送れそうにありません。

そんなわけで景太郎は3ヶ月間の療養生活に入るため、憧れの東大生活はお預けになってしまいました。怪我が治ったあとは意気揚々と東大に行くのですが、そのころはちょうど夏期休校中なのでとんぼ帰りすることになります。てっきり景太郎のキャンパスライフ編が始まるのかと思っていたら、結局この巻で景太郎が東大に通うことはありませんでした。ここしばらくはひなた荘を舞台にしたエピソードが少なくなっていましたが、ここへきて物語の舞台はひなた荘に戻ってきます。

9巻ではサブキャラたちが主役になる

景太郎がしばらく東大に通えなくなってしまったため、9巻のエピソードは主にひなた荘での出来事です。しかも成瀬川とむつみの2人は東大に行ってしまっているので、この巻の主役はサブキャラたちになります。大きな出来事としては、素子が実家に連れ戻されそうになる「萌えよ剣!」と、瀬田さんの過去が明らかになる「突然プロポーズ?」があります。どちらも、今後のラブひなのストーリーを左右するほどの伏線を含んだ重要なエピソードです。

72話~74話として収録されている「萌えよ剣!」は、ひなた荘に住むヒロインの一人、素子に焦点を合わせられています。素子の姉である青山 鶴子がひなた荘に現れ、素子を実家のある京都に連れ戻そうとしますが、ひなた荘から離れたくなかった素子が景太郎と協力して鶴子に戦いを挑むというエピソードです。これまではラブコメを中心に書いてきた作者の赤松先生ですが、ラブひな以降は「魔法先生ネギま!」などのバトルマンガを手掛けています。ラブひなでもこの後バトルシーンが増え始めるのですが、このエピソードは赤松先生が描く最初期のバトルだと言えるでしょう。

77話の「突然プロポーズ?」からは、瀬田さんとはるかさんに焦点が合わせられたエピソードです。これまでの巻では明かされていなかった「瀬田さんとはるかさんはどういう関係なのか?」という問題がここで明かされます。サブタイトルで察しがつくと思うので言ってしまいますが、瀬田さんとはるかさんは元恋人同士だったのです。しかし瀬田さんのことを「パパ」と呼ぶサラが居ることからも分かる通り、瀬田さんとはるかさんの関係はかなり複雑で、一言で説明できるようなものではありませんでした。次巻以降のエピソードにも深く関わる部分なので、詳しい関係性については本編を読んでいただければと思います。

今度はしのぶが東大を目指し始める!?

景太郎、成瀬川、むつみの3人が東大に合格し、もう東大受験に関わるエピソードは展開されないものかと思っていましたが…なんと今後は、しのぶが東大を目指して受験勉強を始めます。しのぶが東大を目指すようになったきっかけは、当人曰く「私が合格を伝えたときのセンパイたちのうれしそうな顔が忘れられない」とのことですが、主に景太郎への憧れが大きいものと思われます。景太郎たちが東大を目指していたのがラブひなという作品にとっての「第一部」だったとすれば、ここからはしのぶが東大を目指す「第二部」のようなものです。やはり、この作品と東大の関係は切っても切り離せないのですね。

しかし、しのぶが東大を目指すようになった状況は、成瀬川が東大を目指すようになった状況と瓜二つです。成瀬川は高校一年生のころ成績が悪く、それでも瀬田さんに近づきたいという一心で東大を目指していました。しのぶもまた、カオラに「中間テスト何番や~?」と笑われてしまうほど成績が悪いのですが、それでも景太郎を目指して努力を始めました。最初は成績が悪かったという点も、年上の男性に憧れて東大を目指すという動機もそっくりです。実は3浪して東大に入ったということを考えると、「憧れの人」ポジションの瀬田さんと景太郎にも共通点が見られますね。

明らかに景太郎に影響されて東大を目指し始めたしのぶは、ひなた荘のメンバーにも笑われてしまいます。しかし成瀬川だけは過去の自分としのぶの姿を重ね合わせ、家庭教師をつけるよう助言しました。瀬田さんがそうだったように、しのぶにとっての「憧れの人」である景太郎を家庭教師として推薦したのです。この流れは、9巻の75話「しのぶ、とーだい一直線」というエピソードに収録されています。しのぶが東大を目指すことで、他のヒロインたちも影響を受けていくのですが…ここからは次巻以降のお楽しみです。

まとめ

ラブひな単行本第9巻は、サブキャラを主役にしたエピソードの多い巻でした。7巻、9巻と続けて景太郎と成瀬川がイチャイチャしっぱなしでしたから、成瀬川以外のヒロインが好きな方にとってはフラストレーションを解消できる巻だったのではないでしょうか。東大合格という大きな目標を達成してしまった今、9巻は「新しい目標」を掲げるため役割を果たしていたと感じます。素子の修行、しのぶの東大合格、瀬田さんとはるかさんの関係の修復などなど、今後の課題が多く提示されました。

これまでの巻に比べると、メインヒロインである成瀬川の登場回数が少ない巻でもありました。怪我の療養のためにひなた荘で過ごしている景太郎と、毎日ちゃんと東大に通っている成瀬川。景太郎は少しでも成瀬川に近づこうとしますが、環境の違いからすれ違ってしまうのも仕方ありません。もしかするとこのまま疎遠になってしまうのではないかと思ってしまうほど、2人の関係はギクシャクしていきます。学生時代の成瀬川を知っているキツネからは「成瀬川が男を3週間以上待たせるのはフる前兆」という情報でも出てきて、やや不穏な空気が漂います。

サブキャラが主役となったエピソードを楽しみつつも、景太郎と成瀬川の恋の行方を追えるようになっているのがこの巻の面白いところですね。グダグダと告白を先延ばしにしてきた景太郎ですが、9巻の序盤ではついに成瀬川に対して本気の告白を行います。ところが返事はもらえず、すれ違いの日々を送る2人…そして9巻に収録されている最後のエピソードで、ついに成瀬川からの返事がきます。果たして成瀬川の返事はどのようなものだったのでしょうか。ここから先は実際に読んで確かめてみてくださいね。

オススメ度
★★★★★★★★☆☆ ★8