ラブひな 10

個性豊かな美少女たちの住む女子寮ひなた荘の管理人を務めながら、東大合格に向かって猛勉強を続ける青年、浦島 景太郎を主人公にしたラブコメの金字塔「ラブひな」。今回は、景太郎の進路に大きな変化が表れる単行本10巻のレビューをさせていただきます。

当初、ラブひなという作品は主人公の景太郎が東大合格を目指し、そこで共に将来を近いあった「約束の女の子」と再会することを最終目標としていました。しかしすでに景太郎は東大に合格しており、「約束の女の子」も成瀬川であることがほぼ確定となったため、あとは成瀬川とくっつくだけ…というような状況が続いていました。

残りは成瀬川と付き合うまでのエピソードを残すのみか…?と思っていたのも束の間、ここから急展開が訪れます。なんと、景太郎が自らの意思でひなた荘から居なくなってしまうのです。すでにひなた荘に欠かせない存在となった景太郎が居なくなった後、ヒロインたちは一体どうなってしまうのでしょうか。

あらすじ

互いに好意を持っていることがハッキリした景太郎と成瀬川。しかしまだ正式に付き合ってはおらず、仲良く暮らしつつも深い仲には進展せずにいました。何度も成瀬川にキスをしようと試みる景太郎でしたが、何やかんやと邪魔が入ってしまい、なかなか上手くいきません。

付かず離れずの距離感を保っている景太郎と成瀬川を目撃し、むつみは2人を沖縄旅行へと誘います。楽しい旅行になるはずでしたが、ひょんなことからむつみが記憶を失ってしまい、沖縄旅行は波乱の幕開けになるのでした。果たしてむつみの記憶は元に戻るのでしょうか。

そんな賑やかな日々を過ごしていた景太郎ですが、ある理由からひなた荘を離れる決意をします。交際間近だった成瀬川はもちろん、ひなた荘に住むヒロインたち全員が景太郎を慕っている今、どうして景太郎はひなた荘から出ていくことにしたのでしょうか。景太郎の決意は、ひなた荘に新しい展開をもたらします。

感想

しょっぱなからラブラブの景太郎&成瀬川

ラブひな10巻は、しょっぱなからラブラブの景太郎と成瀬川の姿から始まります。誰も居ないひなた荘のロビーで、成瀬川にキスを迫る景太郎と、特に抵抗もせず受け入れる成瀬川。見ているこっちが恥ずかしくなるくらいイチャイチャしています。しかし前巻のラストで「好きかも」と言っていたにも関わらず、まだ正式には付き合い始めていないようです。互いに恋人同士になることを意識しつつも、異性と付き合ったことが無い者同士、どのタイミングから付き合い始めるべきなのか探り合っている状態です。普通は付き合っていない相手にキスを迫ったりしないので、もう付き合っていると言い切っても過言ではないのですが。

ほとんど付き合っているような状態だけど、あと一押しが足りない…というギリギリの状態で硬直している2人の関係。そんな狙いすましたようなタイミングで、ひなた荘のメンバーが全員外出してしまいます。キツネは北海道旅行、素子は剣道部の合宿、他のヒロインたちも帰省や海外旅行。景太郎がひなた荘に来ておよそ2年が経ちますが、広いひなた荘に完全に2人きりになるというのは初めての展開です。初めて2人きりになったことに気付いた景太郎と成瀬川は、より一層互いのことを意識し始めます。

思い返してみれば、5巻あたりからすでにいつ付き合ってもおかしくないという関係の景太郎と成瀬川でしたが、10巻に至ってもまだ正式な交際が始まっていません。ただ、このあたりのエピソードからは本人たちが付き合っていないと思っているだけで、はたから見れば完全に恋人同士という状態です。10巻に収録されているなかでは、2人が電車で出かけるエピソードで他の乗客に「バカップル…」と思われる描写もあります。景太郎と成瀬川がどのくらいバカップルだったのかは、説明するのも恥ずかしいので本編をご確認ください。

むつみが子供時代に逆戻り!?波乱の沖縄旅行編

10巻の中盤、第80話~第83話にかけては沖縄旅行編が入ります。むつみが景太郎と成瀬川を誘って沖縄に帰省するエピソードです。むつみが沖縄への帰省にわざわざ景太郎と成瀬川を誘ったのは、2人の仲を取り持つためでした。実は成瀬川が「沖縄に行けば開放的になるかもしれない」と言っていたのをむつみは聞いており、なかなか進展しない2人の恋を後押ししようと考えたのです。これまでの巻でむつみ自身も景太郎に好意を持っている描写が多々ありましたが、景太郎と成瀬川をくっつけようという信念は揺らがないようです。基本的に悪人はほとんど登場しないラブひなですが、そのなかでも特にむつみは聖人かもしれません。

しかし実際に沖縄旅行に来てみたところ、むつみに大きな変化が現れます。景太郎と一緒に木に登っていたむつみが誤って転落してしまい、十数年分の記憶を失ってしまうのです。記憶を失ったむつみは立ち振る舞いも5歳児にようになってしまったため、景太郎と成瀬川の仲を後押しするどころではなくなってしまいます。それどころか、むつみは景太郎と結婚式を挙げると言い始め、むつみの体を案じた景太郎はそれに従わざるを得なくなるのでした。成瀬川と付き合う直前だった景太郎が、仮にとはいえむつみとの結婚式を挙げる波乱の展開です。

記憶喪失で子供のようになってしまうという設定だけ聞くとギャグ回のようですが、実はこのあたりのエピソードは意外に深い伏線回収になっています。むつみが逆行したのはおよそ5歳のころ、つまり幼馴染だった景太郎と、当時2歳だった成瀬川と3人でひなた荘に居たころの記憶です。当時のむつみは結婚したいほど景太郎を慕っていたのに、どうしてむつみではなく成瀬川が「約束の女の子」となったのか。その答えがここで明かされます。むつみが子供時代に逆行してしまった姿を見て、成瀬川も当時のことを少しづつ思い出していきます。長らく謎だった「約束の女の子」関連の謎が、ここでもひとつ解決しました。

ひなた荘から景太郎が居なくなる…!?

10巻には、成瀬川との関係の進展や、むつみの実家で起こった事件など、様々な出来事が収録されていました。そんな中でも特に重要に思えたのが、10巻後半で発表された景太郎のある「決心」についてのエピソードです。景太郎が最初にひなた荘を訪れた日とは違い、もはやひなた荘に景太郎を追い出そうと考えている人間は一人もいません。しかしこの巻で景太郎は、しばらくひなた荘から離れることを自らの意思で決めるのです。景太郎が居なくなることを知ったヒロインたちは、出会ったころには考えられなかったような反応を見せます。

事の発端は、景太郎が東大の入学式で骨折したことでした。9巻に収録されているエピソードで、景太郎は東大入学式の日に事故に巻き込まれ、全治3ヶ月の重症を負っていました。入学直後から3ヶ月間も東大を休むことになったことで、景太郎は登校一日目にして「留年」が決定してしまったことを知ります。景太郎は当然落ち込みますが、どうせ留年するならと思い直し、瀬田さんと一緒に海外留学に旅立つことを決意します。ここまで何度か伏線がありましたが、景太郎はいつの間にか考古学に打ち込む瀬田さんに憧れており、瀬田さんの背中を追うようになっていたのです。

留学が決まれば、ひなた荘のメンバーは当分景太郎に会うことができません。ヒロインたちは景太郎の留学に猛反対し、留学を決めるテスト当日まで景太郎とヒロインたちは仲違いするのでした。それにしても、かつて景太郎をひなた荘から追い出そうと躍起になっていたヒロインたちが景太郎を引き留めるために躍起になっている姿を見ると、感慨深いものがあります。また意外だったのは、あれほど瀬田さんに執着していた成瀬川が瀬田さんの影を負うのをやめ、今度は?逆に景太郎が瀬田さんの姿を追い始めたことです。瀬田さんは読者から見ても素敵なキャラクターですが、ラブひなの世界の人間から見るとよほど魅力的な人物なのかもしれません。

まとめ

ラブひな単行本第10巻は、景太郎にとって転機となる巻だったように感じます。これまでの巻では景太郎が変わったというより、景太郎を見るひなた荘住人たちの目が変わったという感じでした。瀬田さんの影を負うことをやめた成瀬川、剣道一筋だったのに女性としての魅力をつけ始めた素子、人見知りが治って社交的になり始めたしのぶ…景太郎と出会ってから、ヒロインたちの性格や考え方には少しづつ変化が見られます。そして彼女たち自身も、それが景太郎の影響であることを自覚しているようでした。

しかし景太郎自身は、幼い頃から一貫して「東大生になる」という夢を捨てずに成長してきました。景太郎の優しい性格や努力家であることなどは初登場時から変わっておらず、景太郎はこの作品のなかで一番変化していないキャラクターだったとも言えます。初登場時と比べると、景太郎には学力の向上や、コミュニケーション能力の向上といった「成長」は見られましたが、性格や考え方など人間としての根本的な部分が「変化」した描写はほとんどありません。そんな景太郎が、大きな「変化」を始めるのがこの巻でした。

この巻で景太郎は自分の意思でひなた荘を離れる決意をしました。今までは「約束の女の子」に縛られていたため、ある意味でほとんど進路を選ぶことをせず生きてきた景太郎。留学に行くという選択は、景太郎にとっては5歳のころに掲げた「東大入学」の夢以来、十数年ぶりの進路選択でした。いつまで経ってもドジで臆病だった景太郎は、長い留学生活を通してどのように変わっていくのでしょうか。そして次巻以降は、景太郎が居なくなったあとのひなた荘の姿が描かれます。主人公が居なくなったひなた荘にもまた、大きな波乱が幕を開けるのでした。何が起こるのかはラブひな単行本第11巻を読んでみてのお楽しみです。

オススメ度
★★★★★★★★☆☆ ★8