女の子と動物だらけの島に漂着した主人公行人と、島の女の子達とのドタバタを描いたながされて藍蘭島の10巻の感想です。

実は前からいたけど話には登場していなかったみちるが加わってますます藍蘭島は賑やかになりおもしろ事件もますます増えていきます。

更に今回はまちが大活躍、普段はメチャクチャな彼女の色んな面を見ることができるでしょう。もちろん他の女の子の萌えも盛り沢山です。

あらすじ

新たに?みちるも加わってますます賑やかな藍蘭島。意外な因縁がわかったり、混浴騒動があったりと落ち着く暇もありません。

そんな中でまちにちょっとした異変が起こります。普段一緒にいる式神たちが突然倒れてしまい、まちは大慌てになっている模様。

文献から式神たちを助ける方法を探し普段からは想像できないほど頑張るまちですが、果たして無事に式神たちを助けられるのでしょうか。

感想

取り乱したまちもとってもカワイイ

今回は第59話から第61話までの3話がまちがメインの話になっています。普段めんどくさがりだったり天邪鬼なまちですが。式神たちのピンチに普段からは想像できないほどに頑張ります。もともと可愛い彼女ですが、真面目に頑張る姿も可愛いです。

そんな中でも印象的なのが第59話「助けたくって」序盤の、あやねに駆け寄って涙をポロポロこぼすシーンでしょうか、口をへの字にして涙を流すこの場面は普段とのギャップ萌えがすごくあっていいシーンです。普段はここまで取り乱さないですからね。

他にもこの3話はちょっとエッチな巫女風バトルコスチュームを着たり、一生懸命になったりと今までの10巻分があったからこそのギャップ萌えがたっぷりあります。式神たちとの絆も描かれていて感動的な話でもありました。

髪の白いまちにそっくりな女の子?

第59話の最後に出てくるのがまちそっくりで瓜二つだけど白髪の女の子です。その正体はまちのひいおばあさんでまちと入れ違いで村に来ていたのでした。今回は式神を治すために色々活躍するのですが、印象的なのは最初の登場シーンです。

59話の最後で次の話数への引きでの登場でした。まちそっくりなのも驚きですが、いきなりお腹がなっています。登場シーンでちょっと困り顔をしてお腹をすかせてるシーンはかなりの萌ポイントでした。この時点だとどんな人かは全くわかりませんけどね。

しかしそんな彼女もまちのひいおばあさんでとてつもない力も持っています。どうやらその不思議な力で若さを保っているようですが、もはや若いというより幼いですね。見た目に反して威厳たっぷりにまちに試練を与えたりと60話、61話での本格的な活躍も見どころです。

混浴で分身ハーレム?行人には刺激が強すぎです。

話は打って変わって1つ目の番外編、ここではすずと梅梅、しのぶがいろんな手で行人と一緒にお風呂に入ろうといろいろな方法で迫ります。そして最後は無事?一緒に入ることになるのですが、その時の一コマが破壊力抜群でした。

最後のページ、しのぶは忍びで分身が浸かるのですが、分身した大量の忍が裸でいっぱいです。ぎゅうぎゅう詰めで混浴するシーンとか羨ましすぎます。お風呂で行人を待ち受けてるところでは色んなポーズも相まってとても萌えました。

当然行人には刺激が強すぎてはなじが止まらないです。それにしても女の子3人がみんなスタイル良すぎなので、藍蘭島でのお風呂シーンは今まで数あれど今回はサービスが今まででもトップクラスな気がしました。羞恥心もないので大胆さも半端ないですしね。

まとめ

今回の11巻では主にまちと式神の話が中心でしたね。他にも今回は紹介しきれなかったりんやちかげが主役の話もありました。がんばあるまちの話は見どころも多くとても楽しく感動も出来て面白かったです。脳天気なのもいいけどこういう話もいいですね。

打って変わって番外編は頭空っぽにして読めるある意味素晴らしい話でした。特に前述したお風呂シーンはとにかくサービスでいっぱいです。特にスタイルのいい子が中心だったのもチョイスが菅らしいと思いました。これはこれで藍蘭島らしいです。

そういえば読んでる時はあまりきにしませんでしたが、前回から本格登場したみちるはほとんど出番がありませんでしたね。やはり影が薄いのでしょうか。見た目はとってもカワイイのですが色々残念さも垣間見えます。果たしてこれから活躍することできるのかというのもちょっと楽しみです。

オススメ度
★★★★★★★★★☆ ★9

楽天:ながされて藍蘭島11巻【電子書籍】[ 藤代健 ]