『やがて君になる』は電撃大王連載で、直球で女性同士の恋愛を扱った百合漫画になります。多くのメディアミックス作品を生んだ雑誌に連載されたことからも話題になりました。

人に恋する気持ちがわからない主人公侑(ゆう)と、誰にも恋愛感情を覚えられなかった生徒会の先輩燈子(とうこ)が、人に恋するという気持ちを知っていくお話でもあります。

お互いに生まれた感情とどう向き合っていくべきか、相手との距離感をどうするべきかという感情がしっかりと描かれているのも魅力になっています。

あらすじ

中学卒業時に知り合いの男性に告白された侑は、自分が相手を好きになるべきではないかと思いつつ、どう返事をすべきか悩んでいます。そんな侑が高校で偶然見たのは、告白を毅然と断る燈子の姿でした。

お互いに誰かに恋愛感情を抱いたことがないという共通点が、二人の心の交流のきっかけになります。そして、侑の自分の気持ちに誠実に向き合おうとする姿勢が、燈子の心を動かすことになるのです。

ある日の帰り道、燈子は衝動的に侑にキスをしてしまいます。戸惑いながらも嫌とは感じない侑と、自分の好きをどう言うものか確かめた燈子の恋の物語は、周りを巻き込みながらゆっくりと進展していくのです。

感想

恋愛がわからないからこそ惹かれあう二人の恋物語

やがて君になるの特徴は、主人公侑と燈子の二人とも恋愛をしたことがないということです。侑は周囲のように誰かを好きになるのが自然なのではないかと悩んでいて、燈子は自分は誰も好きにならないのではないと感じています。恋を知らない、否定的な二人だからこそ交流のきっかけが生まれるのです。

1話では侑は燈子が男性からの告白を断った姿を見たことから、『特別がわからない』という悩みを燈子に打ち明けます。そんな侑を自然に受け入れ、頭をなでる燈子の姿が第一の萌えポイントです。あくまで相手の心情に配慮し、恋愛がわからないことも自然な気持ちの一つであることをしっかりと教えてくれるのです。

また、侑の特別がわからないという感情が、燈子が侑に惹かれるきっかけにもなります。その後の伏線にもなっていて、話を読みすすめるうちになぜ好きになったのかが良くわかるようになっているのです。先がわかった後に読み返すと複線が上手に張り巡らされているのが良くわかり、シーンや台詞の重みが増すのも魅力です。

燈子に嫉妬する侑の複雑な感情も魅力に

侑を好きになることで、燈子は初恋を自覚し、特別という感情を知ることができます。侑はそんな燈子に複雑な感情を抱くことになり、嫉妬をするシーンがあるのが特徴です。とくに3話では、些細なことでうれしがる燈子をみた侑が直球で「ずるい」と感じるシーンがあります。

人の感情は綺麗なものばかりではなく、暗い感情も、汚く見える感情もあります。恋愛は綺麗ごとばかりではすまないのが現実です。やがて君になるでは、登場人物の心情のリアリティを優先し、理想ではなく等身大の女性同士の恋愛を描こうとしているのです。

1話1話感情の動きが丁寧にストーリーに織り込まれているのもポイントで、嫉妬の感情もまた伏線になります。嫉妬から燈子と距離を置こうと考える侑ですが、燈子との話し合いの中で縁を切るに切れない状態になってしまうのです。なぜ突き放すことができないのかという疑問も、女心の複雑さを表しています。

さりげない感情の温度差の描写が逆に萌える

やがて君になるは、些細な感情のゆれを丁寧に描いているのも特徴です。1巻で象徴的なのは4話冒頭のシーンです。帰り道でジュースを買った燈子ですが、一緒に下校している侑は小銭の持ち合わせがなく、飲み物を諦めます。そんな侑に燈子は一口飲まないかと提案し、侑は気負いなく受け取って自然に口をつけるのです。

侑は燈子のことを恋愛対象としてみておらず、間接キスをしている自覚すらない状態です。一方で侑に恋をしている燈子は、差し出してから間接キスになってしまうことを自覚してしまい、赤面することになってしまうのです。初恋の初々しさが良く出ているシーンにもなっています。

とても良いのが、燈子の心情が一切文字に書かれていないことです。表情の変化や仕草で読者が想像する形になりますが、作者の解釈と読者の解釈が一致するとは限らないのが恋愛の難しいところです。文書運実しないことで読者の理想が入り込む余地を残し、想像力を書き立てる部分も魅力になっているのです。

まとめ

やがて君になるは様々なメディアミック作品を生み出してきた人気雑誌に連載された百合作品であり、ストーリー構成とキャラクターの心情描写が優れているのが魅力です。作者の仲谷 鳩(なかたに にお)先生は本作がデビュー作ですが、構成力の高さに驚かされます。

百合好きからすれば萌えるシーンが多いだけでなく、百合というジャンルを超えても恋愛作品として評価されるポイントが多く、大きな支持を集める理由になっています。2015年の初版から2017年6月時点で累計40万部を超えるなど、ヒット作といえるほどに成長しているのです。

1巻は生徒会選挙という大きなイベントと二人の関係の進展で終わる形になっていて、同時に侑が何かを手放したことにも触れられています。2巻以降へ良い形で伏線を張り巡らせた形になっていて、複雑でままならない恋物語だからこそ惹かれてしまうのです。

オススメ度
★★★★★★★★★★ ★10

楽天:やがて君になる(1)【電子書籍】[ 仲谷 鳰 ]

記事担当:しらたま。