ながされて藍蘭島の16巻の感想です。今回は久しぶりに怪盗紅夜叉が登場します。果たしてどんな事件が起きるのでしょう。

おなじみお風呂シーンなどもしっかりあります。これもすずのお風呂好き設定の賜物ですね。しかし意外と良い話がお風呂であるので侮れません。

他にもまちや梅梅など今回もちょっぴりエッチでカワイイ女の子たちが盛り沢山です。そしてちょっぴり感動できる話も。

あらすじ

ある日朝起きると行人の隣にあやねが、そんなあやねにすずはいつもどおり何か企んでいると勘ぐりますが全くそんなことはありません。行人に対して意識が変わったのか、そんなあやねを見てすずも色々思うようです。

そんな日も過ぎると村では久しぶりに紅夜叉の挑戦状が届きます。ミステリーマニアの行人やペンギンのペンペンは紅夜叉を捕まえようと息巻いていますが果たして捕まえられるのでしょうか。

事件も起こり舞台はちかげの住む洋館に、一行は紅夜叉を追い詰めたのかそれとも追いつめられたのか、事件も終わりに近づいていきます。

感想

紅夜叉登場、何故かすずはメイド服に。

紅夜叉がメインの16巻ですが、なんと洋館ですずがメイド服に着替えます。紅夜叉に服を奪われたすずは洋館で着替えるのですがこれがカワイイ。87話冒頭で全身が見れますが、ひらひらのメイド服と長い髪がとても似合います。

それにしても今回は紅夜叉相手にすずが大活躍でした。86話の時点で何かに気づいていたようですが、最後まで謎を説いたのは結局すずということに。どんな謎化は伏せておきますが、今回ばかりは行人もお手上げでした。

それと相変わらずもちかげの空回りっぷりも面白かったです。策を弄する者のことごとく失敗とある意味あやねに近い感じですね。当然やられっぱなしで紅夜叉には全く敵いません。ある意味期待通りの活躍とも言えるでしょう。

すずとあやね、素直じゃない2人の友情

普段から何かと因縁のあるすずとあやねですが、84話ではいつもと少し様子が違うようです。朝から行人の隣に潜り込んできたあやね、そんなあやねにいつものいたずらを警戒して勘ぐるすずでしたが、何やら今日は一向に何もしてきません。

そんな感じで一日過ごすのですが、どうやらあやねは行人のことをもっと知りたいと思って行人と一緒に過ごそうというみたいです。それを見てなんだか複雑そうなすずですが、ただあやねに嫉妬しているだけではないみたいですね。

84話の最後、お風呂でからあげと話していると意外なところですずがムキになります。それはあやねにかまってほしいのではないかという言葉。なんだかんだ付き合いの長い2人は喧嘩は多くても友達なんですね。必死になるすずが可愛いシーンでした。

まちは風邪を引いても一筋縄ではいかない模様。

89話ではまちが風邪を引いてしまいます。しかしフラフラになっても遊びに行こうとするなんともめんどくさい状態に、しかしそんなまちも行人の優しさにちょっとだけおとなしくなります。それがまた可愛らしいのです。

風邪を良いことに膝枕をおねだりするまち、ついつい甘やかす行人でしたが、ふと頭を撫でるとまちは父親の懐かしさを思い出します。そこまでは調子の良かったまちもドキッとしておとなしく、そしてゆっくり眠りにつくのでした。

元々が悪ガキみたいな子供っぽさがあるまちですが、なんだかこの時ばかりは本当に可愛い子供のようです。実際は行人より年上で、以前は年上らしい大人な面も出しましたが今度は行人と立場が逆転、これはこれで良いものです。

まとめ

今回は久々の紅夜叉登場で行人たちも村中を右往左往でした。しかしそんな中でのすずの活躍はまさに以外というほかありません。それに行人たちに対しての勝ち誇ったところも可愛かったです。事件も無事解決ですずにとっては良い事ずくめでした。

他にも梅梅が青い鳥と友だちになる話もありました。梅梅は人見知りがとんでもなく激しかったのですが、今回は梅梅からアプローチという彼女の藍蘭島に来てからの成長が見れます。なんだかんだみんなの変化がしっかり書かれているのがいいですね。

この藍蘭島でも最初期から登場の多いすずとあやね、まちは他の子達と比べてもより深く行人との関係が深まっていそうですが、まだまだこれからどうなっていくのかが気になっています。今回はこんなところで16巻の感想は終わりです。

オススメ度
★★★★★★★★★☆ ★9

楽天:ながされて藍蘭島16巻【電子書籍】[ 藤代健 ]

こちらもオススメ

『人魚姫のごめんねごはん 2』エラ姫様々な衣装サービス回多め


衣装繋がりで、2巻ではエラ姫のメイド服姿を見ることが出来ます。