UQ HOLDER!(3) (講談社コミックス)

不老不死の吸血鬼となった少年が、不死人ファミリーの一員として生きていく様を描いた作品・UQ HOLDER!。今回はその第3巻のレビューをさせていただきたいと思います!

普段は全体的に萌えシーンが散りばめられているこのマンガですが、3巻はちょっとバトル多めです。とはいえ、味方側のキャラクター3名中2名が女の子&男の娘なので見ていて飽きません。

今回は激しいバトルシーンの中から、萌えマンガファンに注目してもらいたいポイントを3つ抜き出してご紹介しますよ!

あらすじ

無事にUQ HOLDERへ入団した刀太&九郎丸は、任務で訪れたスラム街で想定外の強敵に遭遇します。敵は悪質な地上げ屋に雇われた不死狩りの男たちで、UQ HOLDERメンバーたちも苦戦を強いられます。

十字架の呪印を刻まれて意識を失った刀太、体を真っ二つに切り裂かれた九郎丸、敵に捕縛されてしまった夏凛…わずか数分の間にナンバーズが3人も封じ込まれてしまいます。

絶対絶命に思われる戦いでしたが、完全に封じられたはずの刀太が「闇の魔法(マギア・エレベア)」を纏って復活します。それはかつて、刀太の祖父が使っていた最強の魔法でした。

感想

友達と言われて何故かちょっとガッカリする九郎丸

前巻で「男でも女でもない存在」であることが判明した九郎丸。一応本人は男として生きていくつもりみたいですが、刀太には女と間違われるわ、夏凛には女の子をオススメされるわで、美少女転身コースを一直線に生きていました。

そしてついにこの巻では、九郎丸自身が「どうみても恋愛フラグ」としか思えないような発言をしてしまいます。頬を赤らめつつ、刀太に向かって「僕たちってその…と、友達ってことでいいのかな…?」なんて聞いちゃったのです。

刀太は「ダチじゃなかったらなんだってんだ」と当然の返しをしますが、九郎丸はなんだか残念そうな顔をします。もしここで「恋人だろ?」とか返されたらどうするつもりだったんでしょうかこの男の娘は。もともと女の子っぽかった九郎丸ですが、着実に萌えキャラへの道を突き進んでいるようです。

敵に捕まった夏凛に正直ドキドキする

前巻に引き続き、この巻でもヒロインズの一人・夏凛が、影使いの敵と激戦を繰り広げています。序盤は優勢かに思われた夏凛ですが、敵の魔法使いに「押さえ込みに弱い」という弱点を暴かれてしまい、かなりの大ピンチを迎えてしまいます。なるほど、いくら不死とはいえ拘束されて動けなければ敗北したも同然です。

普通の敵なら、不死人を拘束した時点でミッションコンプリートなのでしょうが、今回の敵は「変態」です。敵は夏凛の拘束に成功したあと、耳元で愛を囁いてお持ち帰りしようとします。正直、こんな美少女を合法的にお持ち帰りできるなら羨ま…いえ、許せませんね。

と、いうのは冗談にしても、敵に捕まった夏凛の姿はちょっとドキドキものです。夏凛が捕まったシーンを読んで、開けてはいけない性癖の扉を開いてしまったちびっこが全国各地にいるんじゃないでしょうか。ちょっと夏凛が可哀想な気もしますが、とりあえず注目しておいてほしいシーンのひとつです。

久々のエヴァ様登場にファン大歓喜!

2巻からしばらく夏凛&九郎丸のターンが続いていましたが、3巻のラストには久々に雪姫が登場します。いえ、雪姫というよりは、前作のヒロインだった「エヴァンジェリン」の姿で登場してくれるのです。セクシーな雪姫バージョンも嫌いじゃないんですが、やっぱりロリ姿のエヴァ様が出てくると安心しますね。

最初は雪姫バージョンで登場するんですが、昔の知り合いを見つけてわざとロリ姿に戻るシーンが途轍もなくキュートです。敵と戦うなら大人姿のほうが威圧感あってカッコイイとは思うんですが、前作「魔法先生ネギま!」からエヴァ様を見てきたファンにとっては嬉しい演出ですね。

ついでにロリ姿に戻る直前、雪姫の登場に涙ぐむ刀太に向かって「おや?嬉しくて泣いちゃった子がいるぞ?」と話しかける姿もお姉さんみがあって萌えます。「セクシーな雪姫バージョンも嫌いじゃない」なんて偉そうに言いましたが、ごめんなさいやっぱりどっちも好きです。

まとめ

というわけで今回は、UQ HOLDER!第3巻のレビューをさせていただきました!ちょっとバトル描写が多い巻だったので、全体的に萌え描写が少なかった点だけは残念でしたね。でも、ストーリーはしっかり面白かったので、今後の展開を追うためにもぜひ読んでおいてもらいたい一冊です。

バトル中心だったことで、刀太とヒロインズの絆が深まった感じがしたのは高評価に値する点でした。もうすでに刀太ラブに堕ちかかってる九郎丸はもちろん、最初はぶっきらぼうだった夏凛先輩も刀太を仲間として認めてくれたようでした。最近出番が少なかった雪姫が再登場したのも嬉しいところです。

ちなみに2巻~3巻は夏凛と九郎丸がメインの回がほとんどでしたが、次巻ではまた新たなヒロインが登場します。続々と増えていくヒロインのなかでも今後長きに渡ってメイン級の活躍をする娘なので、ここからはさらに面白くなっていきますよ!詳しくはまた、次巻のレビューでご紹介したいと思います!

オススメ度
★★★★★★☆☆☆☆ ★6

楽天:UQ HOLDER!3巻【電子書籍】[ 赤松健 ]

こちらもオススメ

『ナナとカオル3』新ヒロインはボクっ娘・館涼子!


拘束繋がりで、開けてはいけない扉を開いてしまった方へ。

記事担当:だいなごん