ゆるゆり (15) 特装版 (百合姫コミックス)

ゆるゆり第一話でその性癖からとんでもないインパクトを見せながら一切姿を表していない主人公赤座あかりの姉あかね。掲載当時雑誌コミック百合姫Sでは、部屋のドアの張り紙「おねえちゃんの部屋」が「おにいちゃんの部屋」となっており、部屋の中にあった本も姉→兄に対応したものとなっていました。ですが、コミックス1巻発売時には兄から姉へと変更がなされています。

性癖はそのままに兄から姉へと変更されたため、より強烈なキャラクターへとパワーアップした赤座あかねですが、作品への初登場自体はコミック百合姫Sの年間購読キャンペーンについて来た付録小冊子となっています。(古本で非常に高値です)後に、全編描き下ろしの6巻で本編初登場を果たしていますが、コミック百合姫本誌への登場は非常に遅く、単行本8巻に収録された作品開始時から4年近くが経過しての登場となっています。

その後、ゆるゆりがアニメ化された際には1期から3期までの間の赤座あかねの原作登場エピソードすべてがアニメ化され、アニメオリジナルエピソードなどにも登場し、キャラクターとしての存在感を見せつつあり、本編で単行本付録の10.5巻では2度主役回があり、ゆるゆりプレミアムというファングッズ集の表紙に赤座あかねは抜擢もされましたが、それ以降は相変わらず登場が少なく、単行本12巻以降本編に登場していません。

【豆知識】『ゆるゆり』隠れキャラ"赤座あかね"元々は兄だった!

View Results

Loading ... Loading ...