Pocket
LINEで送る

ゆるゆり (14)巻 特装版 (百合姫コミックス)

ゆるゆりは作風の可愛らしさ、画の美しさに目がどうしても向いてしまいますが、擬音表現がかなり攻め込んだものがあり、面白いものをピックアップしました。
アッカリーン 作品の特に初期で多用される存在感のなさを利用した擬音。アニメでも多用されています。
およよよーん 5巻Bonus Track7でのちなつが泣いている時の擬音

もすっ 8巻Intermission8であかりが真っ二つになってしまったソフトクリームを復元した時の擬音
プススン あかりが10巻65話で怒っている時の擬音
もち…もち… 京子が10巻65話で結衣から奪った大福を食べている時の擬音
める める 11巻72話で櫻子がメールを打っている時の擬音。
カバン! 12巻85話で櫻子が向日葵をカバンで叩いた時の擬音。カの字が小さめに書かれているところも見どころです。

あっかり あっかり あかりの足音。あかりをドッキリにひっかけそうなときに聞こえてくる足音です。5巻Bonus Track7 京子提案によるトマトジュースを使用したドッキリと、8巻58話櫻子提案による時間停止のドッキリの話に登場しています。実際の音声にするとあまりに足音に聞こえないためかアニメ版ではあかりが鼻歌を歌っているシーンに変更されています。

【豆知識】『ゆるゆり』擬音表現がかなり攻めている

View Results

Loading ... Loading ...
Pocket
LINEで送る