Pocket
LINEで送る

ハヤテのごとく! 52 (少年サンデーコミックス)

ハヤテのごとく!に登場するヒロインのひとり「マリア」ですが、作品終了後にとんでも無い秘密が明かされています。
限定版52巻に付属していた「ハヤテ大反省会・下」の中で、作者の畑 健二郎さんが「マリアさんはハヤテの姉です」と暴露したのです。
作中ではメインヒロイン級の活躍をしてきたマリアさんだけに、突然の姉弟設定に驚いたファンも多かったはずです。

マリアさんは物語の序盤から長きに渡ってレギュラー出演してきた女性でしたが、なぜか苗字は明かされていませんでした。
その理由は彼女の本名が「綾崎マリア」であり、主人公の「綾崎ハヤテ」との関係を読者に疑わせないためだったといいます。
ハヤテのごとく!を読み返してみると、たしかに物語の中盤あたりからはヒロインというよりも「お姉ちゃんと弟」といった関係性を感じさせます。

作者的には、いつか「好きになった人が姉だった」という衝撃の展開を描くための伏線としてこの設定を隠していたようです。
ところが話の流れ的にマリアとハヤテの関係を描くスキマが無くなってしまい、秘密を隠したまま連載が大団円を迎えてしまったとのこと。
結局作中では一切明かさず、限定版にしか書かれていない設定になってしまったので、この事実を知らなかった読者も多いのでは?

【豆知識】『ハヤテのごとく!』マリアはハヤテのお姉ちゃんだった

View Results

Loading ... Loading ...

記事担当:だいなごん

二次元の世界が好きすぎて脱サラし、マンガ・アニメ専門のライターになってしまったヤバい人です。
朝から晩までマンガを読んではレビュー、アニメを見てはレビューという二次元漬けの日々を送っています。

Pocket
LINEで送る