ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編(1) (ガンガンコミックス)

萌え業界のホラー・サスペンスといえば「ひぐらしのなく頃に」が代表作といえます。漫画、ゲーム、アニメとさまざまなコンテンツで楽しめる「ひぐらし」ですが、とあるゲームの影響を受けているのを知っていますか?そのゲームとはFFこと「ファイナルファンタジー」シリーズで、登場人物の名前の影響を受けています。何人か例を出して挙げていきましょう。

まずはひぐらしの生みの親である竜騎士07。彼の名前は「ファイナルファンタジーV」のヒロインであるレナ・シャルロット・タイクーンに由来しており、ひぐらしに登場する竜宮レナも同じ人物の名前をとっています。自らの名と作品のヒロインの名をFFVのヒロインの名と同じにするとは、かなりの思い入れがうかがえます。

また、大石蔵人(おおいしくらうど)も「ファイナルファンタジーⅦ」の主人公・クラウドから引用したものとなっており、FFVのみではなく、シリーズ全体から影響を受けていることがわかります。ただの引用に感じるかもしれませんが、名に意味を持たせる作者は多いです。もしかしたら、ひぐらしのキャラにも語られていない想いや意味があるのかもしれません。

【豆知識】『ひぐらしのなく頃に』ひぐらしとあのゲームの関係性

View Results

Loading ... Loading ...

記事担当:ゴン