いちご100% カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

少年ジャンプに掲載されていた、当時少年達がドキドキしながら読んでいた「いちご100%」という漫画についての豆知識です。
連載を始める前、担当さんに「とにかく恋愛!恋愛中心で!」と言われていた作者河村水希先生。恋愛中心・・・、中心・・・、真ん中・・・真中?とダジャレのような考えで生まれたキャラクターが主人公の真中淳平です。そしてこの真中を中心に4人のヒロインが決定していきます。

主人公の真中を中心に進んでいくストーリーということでまず、彼の東西に主要ヒロインの名前が東城綾・西野つかさと決定したのです。
最初の設定では東城綾は学校中の憧れのマドンナ的存在で、西野つかさは幼馴染でした。
そしていちご100%のメインアイテムであるいちごパンツも履いていなかったのです。
設定を固めていく上で出てきたいちごパンツについて、作者は「青春の象徴とでも当時思っていた」と語っています。

高校生編に入って出てくるのが東西南北の「北」を務める北大路さつき、そして「南」担当の南戸唯。
南戸唯は最初の設定でなくなっていた幼馴染キャラです。
この二人は連載中に考えたためペン入れの段階まで顔が決まっていなかったそうです。
実際に初回登場時と最終回の顔を比べると二人共かなり違います。
また主人公真中の後輩、外村美鈴の名前の由来は「熱血硬派くにおくん」に出てくるスケバンキャラらしいです。

【豆知識】『いちご100%』主要登場キャラの誕生秘話

View Results

Loading ... Loading ...

記事担当:漫画の中の人