Pocket
LINEで送る

食戟のソーマ 1 (ジャンプコミックス)

田所は小学校時代に卓球をしていた経験があります。卓球を始めてから約半年程度で同年齢の子に負けない状態となり、試合に出ては優勝を重ねたため東北の跳び兎という異名がつけられました。田所が住んでいた地元では、この異名を知らない人はいなかったという話です。上京する前に卓球の強豪中学校からスカウトされましたが、その話を断り料理の道を選んでいます。卓球を選んでいたら違う道が開けていたかもしれません。

当時の経験が体に染みついているので、ラケットを持つと弱気な性格が強気へと変化し言葉遣いも東北弁になります。その時は何故かユニフォーム姿で登場するのが謎です。腕の方は全く衰えを見せていないので、どこかで練習をしている可能性が高そうです。ただ、元々は料理バトルがメインなので、卓球をする場面はあまり出てこない傾向にあるのが残念です。

一色先輩が所有する畑の収穫を手伝う場面もあります。田所はトマトやキュウリ、キャベツやナスなど各種野菜の収穫を普通に行える知識を持っているようです。特にキュウリを切る場面は緊張するような雰囲気が全く感じられないので、普段からやっていると予想できます。作品内に描写はないですが、あまりにも手慣れているので畑を耕す作業もできるように思えます。

【豆知識】『食戟のソーマ』田所恵は料理以外にも特技がある

View Results

Loading ... Loading ...
Pocket
LINEで送る