Pocket
LINEで送る

今回は藤代健先生によるハーレムコメディの「ながされて藍蘭島」24巻の感想及び萌えシーンのの紹介です。

今回は久しぶりの紅夜叉の登場です。前回は結局捕まえることが出来ず、あやねをはじめ散々だった行人たちですが今回はどうなるのでしょうか。

一方では今回いつも以上に裸の多いお風呂回などサービスシーンもますますパワーアップしています。特に今回はかなり大胆なことになっているようです。

あらすじ

すっかり馴染んだ美咲とすず、行人の3人での生活。そんな中ひょんなことからすずと美咲が行人と一緒にお風呂に入ろうと作戦を立てることに、一体どうなってしまうのでしょうか。

別の日、ちかげはミステリーのネタを探して村中を巡っています。忍びの格好をしたり探偵の格好で聞き込みをして情報を集めていくのでした。

そんなある日のこと久しぶりに怪盗紅夜叉からの挑戦状が行人たちに届きます。今度の狙いは一体何なのか、そして行人たちは紅夜叉に勝つことができるのでしょうか。

感想

すずと美咲の大作戦、目指せ行人との混浴

萌えシーン1つ目は開幕の139は「続・混浴して」からお風呂上がりのすずと美咲が部屋着に着替えながら行人が一緒にお風呂に入ってくれないことを話すシーンです。風呂上がりで上ははだけたシャツや羽織に下はパンツだけというシーンです。

着ているのが下着と羽織だけのすずと同じく下着とシャツだけの美咲。なんというか男のロマンが詰まったシーンです。今までもお風呂シーンはこのながされて藍蘭島ではおなじみでしたが今回の話ではとにかく裸が多いのも素晴らしいですね。

また今回はまちの術により行人に暗示をかけて混浴の抵抗をなくしていしまいます。あまりに堂々と一緒に入り背中を流す行人にすずでさえも赤面です。今まではすずからお風呂に入ろうと積極的だっただけにある意味新鮮なお風呂回でもありました。

ミステリーのネタを探してちかげが右往左往

2つ目の萌えシーンは140話「ネタを探して」の開幕でのちかげの忍び装束です。元々母方が忍びの一族のちかげですが、今回はネタ探しのために忍びの格好でこっそりネタを探します。しかし格好から入るというあたりはちかげらしいです。

ちなみになぜ開幕のシーンかというと、前進の格好がわかるのがこのシーンくらいのためです。何しろ基本おっちょこちょいで詰めが甘いちかげですから、せっかくの忍び装束でもドジを踏んでボロボロです。とはいえパンチラ、と言うかパンモロだったりと見どころ満載です。

この話は141話も続くのですが、こちらでは町の人に聞き込みということで探偵の格好になります。タイトスカートに蝶ネクタイとこっちはとても可愛らしい感じの格好です。忍びの方はちょっとセクシーなので対照的友いえますね。

再びの紅夜叉VSまち、勝負の行方は?

3つ目は145話「つたえたくって」から紅夜叉対まちのシーンです。開幕から戦う紅夜叉とまちですが、まちの格好がかなりきわどいコスプレ状態。まちは式神と合体することで力を高めることが出来ますが、今回の格好は今まで以上に肌が出ています。

手足の部分は鎧のようにしっかり守られていて背中に羽が生えて飛び回れるのですが、胸の周りや腰回りといった胴体部分が本当に必要最小限しか隠されてない状態です。小柄だけれどスタイルの良いまちの胸もしっかり強調されたデザインですね。

式神合体のシーンは今までも基本的に露出が多めですが、今回は黒を基調とした恰好なので肌の部分がより強調されていて素晴らしいです。そして紅夜叉とまちとの決着はと言うと、ある意味藍蘭島らしい落ちでした。そこは見てのお楽しみということで。

まとめ

さて、今回の「ながされて藍蘭島」24巻でしたが、最初からすごかったです。何より肌色率が高かったのがすごいですね。もちろん白黒なので肌色ではありませんが、今までも多いお風呂回が美咲も加わって超パワーアップと言ったところでしょうか。

それにしてもお風呂回では美咲とすずがすっかり仲良しなのが微笑ましいですね。なんだかんだいい感じの3人ぐらしになっていて見ていて楽しいです。今回は紅夜叉関連がメインなので美咲はそこまで出番は多くないですが、1話で印象バッチリでした。

今回は珍しくちかげのメイン回が2話続けてありましたね。そして久しぶりの紅夜叉登場、今回は24巻で終わりではなく次回へ続きます。なにやらまちも紅夜叉もいつもと違った企みがあるようで、一体どんな形で決着がつくのか今から楽しみです。

オススメ度
★★★★★★★★★☆ ★9

Pocket
LINEで送る