Pocket
LINEで送る

80年代のモノやカルチャーが好きという共通点があることを確認し合い、仲良くなった大滝くんと薬師丸さん。

イマドキを追求する仲間と離れて二人で遊んだりするなど、にわかに距離が近付いてドキドキの日々を送っていました。

しかし、彼氏彼女の関係というわけでもなく、周りから見ればちょっともどかしく、甘酸っぱい二人の関係が続いていくことになります。

あらすじ

夏という心が浮き立つ季節を迎え、大滝くんも薬師丸さんも少しずつお互いに歩み寄っていきます。プールの授業ではほっそりとした薬師丸さんが意外にグラマーだと判明しました。

また薬師丸さんと大滝くんのお母さんが顔を合わせて、ちょっと不器用なものの一生懸命で「スチュワーデス物語」のノリを完璧に理解している薬師丸さんがお母さんにも受け入れられたりもしました。

そして、大滝くんが薬師丸さんへの想いに気付いたり、うっかり風邪を引いて薬師丸さんに看病されることになったりと、第二巻でも胸がキュンとなるようなドキドキの展開が満載です。

感想

清楚グラマーな薬師丸さんをお姫様抱っこ!? 

第八話「スマイル・フォー・ミー」、昼休みの後、プールの授業に臨む大滝くん。男女一緒のプールの授業でしたので、当然クラスメイトの水着姿が見られる状況です。そこで大滝くんは、うっかり薬師丸さんの水着姿を目撃します。

その健康的なお色気に大滝くんが見とれていると、薬師丸さんは自分の体を隠すようにして、彼の前から去ってしまいました。うかつな行動に落ち込む大滝くんですが、そんな彼の前に薬師丸さんが登場。コンタクトを落としていた彼女は周りが見えず、男子更衣室に入ろうとしてしまったのです。そこに折り悪く人影が。

いくら個室の中に入っても、足が四本見えたらまずい、と思った大滝くんは薬師丸さんをお姫様抱っこしてみせたのでした。男らしく彼女を抱き上げる大滝くんとビックリした薬師丸さんの表情がとても良かったですね。友達とは言いつつも、互いに意識している感じが出ている点も素晴らしいです。

仲良く踊る薬師丸さんとそのこちゃんがカワイイ! 

第十話「セーラー服を脱がさないで」、バラエティショップ「宇宙」に、一緒に入る大滝くんと薬師丸さん。常連の薬師丸さんが店主を探そうとしたところで上から物音が。一人暮らしのはず、と上がってみた二人が目にしたのは、名曲「セーラー服を脱がさないで」を歌って踊る女の子の姿でした。

威勢がいいその女の子は店主のお孫さんで、「そのこ」ちゃんと言い、学校にも家にも居場所がなく、祖父の家で「夕やけニャンニャン」を見るぐらいしか楽しみがないとのこと。その姿にかつての自分を重ねた薬師丸さんが、勇気を出してそのこちゃんに話しかけ、アイドルの振り付けを一緒に踊る姿がこの回のハイライトです。

大暴れしていたそのこちゃんと普段は大人しい薬師丸さんという、本来なら接点のなさそうな二人が、心底から楽しそうに輝く笑顔を見せているこのシーンは、大滝くんでなくとも心を奪われてしまうこと必至です。可愛い孫の姿に宇崎さんは感涙していましたが、本当に二人とも輝いていて素晴らしかったですね。

心底からの薬師丸さんの涙にドキリ……!

第十五話「DESIRE」、お父さんが失踪しているという薬師丸さんの秘密を聞かされた上で、「私のことは忘れて」と言われた大滝くん。納得できるわけもなく悶々とした日々を過ごします。しかし、お母さんからハッパをかけられ、中森明菜の「DESIRE」を聴いた大滝くんは、薬師丸さんと向き合うことを決めます。

大滝くんは薬師丸さんの目前に現れ、自作の中森明菜のテープを手渡します。「DESIRE」をどこに入れようか迷っている、と。難色を示した彼女に大滝くんは、何年でも何十年でも待つと自分の思いを伝え、友達になって下さいと切り出します。それを聞いた薬師丸さんがテープを持ち涙するのが、この回のイチオシですね。

薬師丸さんは、大滝くんの気持ちには気付いていたはず。友達になってくれとの告白の裏で、何を言いたかったのかも分かったはず。それでも「友達」としか言えない大滝くんが、ずっと一緒にいたいと言ってくれた、その誠実さが薬師丸さんに美しい涙を流させたのだと思います。胸に染みるような魅力のあるシーンでした。

まとめ

趣味友達の関係から、少しずつエピソードを積み重ね、ついに自分の気持ちに気付き、大滝くんが「片思い」になった巻でした。いえ、反応からすれば恐らくは、薬師丸さんの方にも熱い思いはあり、「相思相愛」といっていいぐらいの関係になったのではと思います。

しかし、それはあくまで気持ちの上だけのことで、まだ二人はキスどころか恋人としてのデートもしていないんですね。この奥手ぶりにはヤキモキさせられる部分もありますが、大滝くんと薬師丸さんらしい関係かな、とも思えます。

とは言え、実際的な距離は同じでも、互いを単なる友達と思っているのと好きな相手だと意識しているのとでは、精神的にもまったく違ってきますし、心の動揺は行動にも現れてしまうもの。二人のドキドキする日々は、まだまだ続きそうです。

オススメ度
★★★★★★★★★★ ★10

記事担当:いえぽぬZ

Pocket
LINEで送る