Pocket
LINEで送る

女子校の担任教師を務める魔法使いの少年ネギ・スプリングフィールドが行方不明の父親を捜す作品「魔法先生ネギま!」。今回はその単行本第15巻のレビューをさせていただきます!

15巻ではとうとう、作中で最も謎めいていた人物のひとり「超 鈴音」が本格的に動き始めます。平和な麻帆良学園で暗躍していた彼女の真の目的とは!?という核心に迫っていく重要な巻です。

…が、本格的なバトル展開に入っていくのはもう少し先で、15巻は比較的萌えポイントの多い巻となっています。バトルの方はさておき、今回のレビューでは萌えるシーンを厳選してご紹介しますよ!

あらすじ

麻帆良武道会を陰から操り、何かよからぬことを企んでいる様子の超 涼音。これ以上の悪事を働く前に超 鈴音を取り押さえようとした魔法先生たちでしたが、彼女の発明品の力でまんまと逃げられてしまいます。

超 涼音はタイムマシンを使い、半日後の未来に逃走していました。そんな彼女のもとに、担任であるネギからの「2人きりで話をしたい」というメールが届きます。

面と向かって会話することで真の目的を聞き出そうとするネギに対し、超 鈴音は「私との勝負に勝てたら教える」と持ち掛けます。果たしてネギは超 鈴音の目論見を聞き出すことに成功するのでしょうか?

感想

明日菜がタカミチに告白!?その結果は…

30名以上いる女性キャラの中で最もメインヒロインに近い立ち位置にいるのが神楽坂 明日菜。しかし明日菜は「渋いオジサマ」が好みだと公言しており、1巻の時点で元担任のタカミチに恋をしていることを明かしています。

とはいえ中学生から教師への片思いなんてそう簡単に発展するわけもなく、これまで明日菜とタカミチの間に恋愛フラグは立っていませんでした。しかし15巻は明日菜とタカミチのデートシーンから始まり、デートの最後には明日菜がタカミチに告白までしちゃうんです!

いつもは活発で強気な明日菜ですが、さすがに告白当日ということでしおらしくなっていて普段とは印象が違います。トレードマークのツインテールも下ろして、ストレートヘアにしているのでかなり美人さんに見えます。さらに服装もデート仕様になっていて可愛らしいので、ぜひチェックしてみてください!

敵なのにクラスメイトは大切にしたい超 涼音

超 鈴音は麻帆良学園祭編のラスボスともいえる存在ですが、決して純粋な悪人というわけではありません。彼女はある目的のために暗躍しているだけで、何も知らないクラスメイトたちを傷つける気は全くないようです。

そのため、ネギは超 涼音との激しい闘いの際中に「クラス会を開く」という奇策に出ます。目的を達成したいならクラス会なんて無視して闘いを続ければ良さそうなものですが、超 涼音は普通にクラス会に参加してくれます。

直前まで「実は悪者」みたいな雰囲気を出していたのに、クラスメイトが集まると普通の少女に戻る超 涼音。ネギたちにはあれほど厳しい態度をとっていたのに、他のクラスメイトとは楽し気に会話してくれます。ギャップ萌えと言うんでしょうか、正直このシーンで超 涼音の好感度が爆上げしてしまいました。

エヴァンジェリンとの入浴シーンも

この巻には、少し久しぶりの「入浴シーン」も収録されています。赤松 健先生の作品にはよく温泉やお風呂が登場しますが、何度見てもヒロインたちの入浴シーンは眼福ですね。すっごくベタですが、お風呂のシーンは萌えマンガには欠かせない要素のひとつだと思います。

今回は、ひとりで入浴しているエヴァンジェリンところへネギが訪れて一緒に入浴することになります。10歳の子供とはいえ女子が入浴しているシーンを覗いても怒られないどころか、一緒に入れと誘われてしまうとは…なんてけしからん。

しかもエヴァンジェリンは珍しく「大人バージョン」の姿でお風呂に入ります。セクシーな大人姿に変化したエヴァンジェリンがネギの腕の傷を舐めるという、かなりギリギリなシーンが展開されます。ほんの3ページほどですが、エヴァンジェリンとネギの入浴シーンがかなりエロ…もとい妖艶なので楽しみにしていてください。

まとめ

というわけで今回は、魔法先生ネギま!単行本第15巻のレビューをさせていただきました!超 涼音の暗躍で少しキナ臭い展開になってきましたが、全体的にヒロインの登場シーンが多くて楽しめましたね。明日菜のデートから始まり、超とのクラス会、エヴァンジェリンとの入浴まである盛りだくさんの巻でした。

特に、クラス会のくだりは賑やかで「魔法先生ネギま!」らしさを感じられる良い展開でした。3‐Aクラス全員が集まってくれたので、最近はあまり出番のなかったヒロインの姿を拝むこともできて良かったです。あんなに強い超 涼音が、クラスメイトたちには何故か手玉に取られてしまうのも笑えました。

そして物語は超 涼音の計画の肝であった「魔法使いの存在を世界にバラす」が達成されたことで衝撃のラストを迎えます。魔法が露呈してパニックになった世界で、ネギはどう立ち回るのでしょうか…!?次巻も目が離せません!

オススメ度
★★★★★★★★☆☆ ★8

記事担当:だいなごん

二次元の世界が好きすぎて脱サラし、マンガ・アニメ専門のライターになってしまったヤバい人です。
朝から晩までマンガを読んではレビュー、アニメを見てはレビューという二次元漬けの日々を送っています。

Pocket
LINEで送る