Pocket
LINEで送る

甘々と稲妻(10) (アフタヌーンコミックス)

「食マンガ」といえば近頃のはやりですよね!例にもれず私もグルメ系のマンガが大好き。でも、キャラクターが実在のお店でおいしいものを堪能するお話は、あまり好みではないのです。

というのも、どれだけ食べたい!!と思ったとしても地方者ゆえにそのお店へ行くのが難しいことが多いから……。

そういうわけで、「自分で作って食べられる」食マンガ、それもレシピ付のものを探していて出会ったのが、この「甘々と稲妻」でした。

あらすじ

主人公のひとり・つむぎちゃんが幼稚園児だったときに始まったこのマンガも気づけば10巻。つむぎちゃんは小学生になり、ますますおねえさんになりました。

今巻では、つむぎちゃんやそのお友達、そしてもうひとりの主役といっても過言ではない女子高生・小鳥ちゃんのさらなる成長が描かれます。

粉から打ったうどんに生筋子を漬けたいくら、おでんにすき焼きと、ちょっとこだわったおうちごはんのレシピも盛りだくさん!

感想

「恋とはどんなものかしら」小鳥ちゃんの涙目&赤面に萌えたぎる

小学生のつむぎはもちろんのこと、今回は次々に変わる小鳥ちゃんの表情がとっても良いんです。私が特に好きなのは、彼女のうれしいときの顔!目の端に涙を溜めて赤面する小鳥ちゃんの顔に、堪らないものがありました。

両親のために作った手打ちうどんを「小鳥が作ったから うまい」と言ってもらったときや、専門学校の面接直前につむぎちゃんが自転車で会いに来てくれたとき。春からは会えなくなるかもしれない犬塚先生へ今のうちに「ごはん会」をしたいと伝えたときもイイ。

そして、小鳥ちゃんが一番カワイイところが、この赤面がぜんぶ恋愛感情に由来するものではなさそうなところなんですよね!犬付け先生への気持ちも恋からは少し遠そうで。恋に無自覚な女子高生の赤面……大好物です!

みんな大きくなりました。子どもたちの成長が尊い

物語上でしっかり時間が経過していくタイプのマンガなので、幼稚園生だったつむぎも作中で小学1年生の2学期を迎えます。実際の子どもたちも夏休み後の成長には著しいものがあるようですが、つむぎやその周りのお友達たちもそれは例外ではないんですよね。

10巻で注目したいのは、つむぎのお友達のみきおくん。つむぎとは幼い頃から喧嘩したり仲直りしたり、いろいろなことがありました。そんなみきおくんが上級生に絡まれてしまったつむぎたちをとっても格好良く助けてくれるんです。不安がる女の子たちに「だいじょうぶだって また たすけてやるから」というフォローまで!

残念ながらみきおくんがほのかな恋心を抱いている(らしい)つむぎにはさほどの印象は残せなかったようですが、お友達のひとり・なぎさちゃんの心にはビンビンに響いた様子。『幼いころは嫌いだったアイツが格好良くなってきて、近頃なんだか気になる……』ってやつですよね!幼なじみラブの定番をありがとうございます!

「いい子」ってどういうこと?つむぎとおとさんのお勉強

このマンガで「ア~」っと堪らない気持ちになるのが、つむぎのおとさん(お父さん)犬塚先生の言葉。つむぎの様々な悩みに対して、発達に合わせた言葉や伝え方でアドバイスをしているのがとっても良いなと思うんです。

10巻ではつむぎちゃんは、投稿班で手をつなぐ上級生のお姉さんのことをどうしても好きになれないと感じてしまうことを思い悩んでいました。それに対するおとさんの言葉は、「意地悪な気持ちになるのと意地悪なことをするのは別だよ それをなんとかしようとするのがいいひとだよ」。

幼いころから「いい子」でいることにこだわりがあったつむぎちゃんを知っているからこそのこのセリフです。どんな感じ方をするかは自由。大人なら誰もが知っていることかもしれません。だけど、他人に対して嫌な感情を持つこと自体に罪悪感を抱いていた子どもにとって、これほど刺さる言葉はないのではないでしょうか。

まとめ

物語のキーとして存在感を持ちつつも、料理や食事のシーンが決して不自然だったり押しつけがましくないのが「甘々と稲妻」の素敵なところ。このマンガを読んで得ることができるのは、「これも家で作れるんだ!」という驚きだけではありません。

それぞれの料理に対して「つむぎちゃんやおとうさん、小鳥ちゃん」たちに関する思い出も得ることができるのがうれしいことだと思うんです。うどんを食べれば小鳥ちゃんの赤面を思い出してそのかわいさに滾りますし、おでんを食べればおとさんの語る「いいひと」について思い出す。

もちろん良い感情だけを得られるわけではありませんが、料理がただの食事ではなくなることには間違いありません。レシピを参考に作中に出てくる料理を作ることで、さらにたくさんの思い出や気持ちを付け加えることができるのではないでしょうか。

オススメ度:★★★★★★★★★☆ ★9

Pocket
LINEで送る