Pocket
LINEで送る

オーバーロード 公式コミックアラカルト(1) (角川コミックス・エース)

「オーバーロード 公式コミックアラカルト」は、人気漫画家15人が「オーバーロード」の新たな魅力を描いた公式アンソロジーです。

「オーバーロード」と私の出会いは、2015年のテレビアニメでした。以来、悪のカリスマ・アインズ様とその配下たちが繰り広げる、ギャグとシリアスが程よくミックスされた重厚なダークファンタジーのトリコに。

2018年のアニメ第2期で盛り上がる中、待ちに待った原作コミック8巻・スピンオフ・公式コミックアラカルトが連続で発売されました。

あらすじ

「オーバーロード」はゲームそっくりの異世界に来てしまったアインズが、熱烈な部下たちの支持を受けながらナゾ多き異世界で勢力を広げていくダークファンタジーです。

「オーバーロード 公式コミックアラカルト」1巻は、そんな「オーバーロード」をギャグてんこ盛りで描いたパロディ漫画集。

部下に愛されすぎているアインズ様、アルベド・シャルティアといったアインズ様命の女子キャラ達をメインに、ドタバタ感あふれる日常が描かれています。

感想

セクシーもキュートも大集合!なにげに萌え系ハーレムですな

清楚だけどセクシー系美女のアルベド、ゴスロリがキュートなシャルティアがアインズ様の愛を求めて右往左往するギャグが満載。天然巨乳・アルベドと貧乳・シャルティアのバトル、アインズ様とムフフな事をする妄想を募らせたり、とアブナイ暴走ラブが駆け巡ります。

極めつけはドクロ姿のアインズ様のコピーを作ってしまったアルベドとシャルティアのエピソード。骨まで愛して、と言わんばかりにお気に入りの骨パーツをペロペロしちゃう変態ぶりがスゴイです。しかもその後、アインズ様が帰ってきててんやわんやするオチも最高です。

その他、戦闘メイドや男装少女アウラなど、たくさんの美女・美少女たちに愛され慕われる、何ともうらやましいアインズ様。アインズ様がドクロだからなのか、あまりラブに興味がなくラッキースケベも特に無い世界観ですが、ここではホッコリ萌え系ハーレムのような雰囲気が楽しめます。

カッコイイのにトホホ感漂うアインズ様の可愛さ

アインズ様と言えば、部下たちの勘違いリスペクト。何をやっても、何を言っても、実は深く考えていなくても、イイ感じに勘違いしてくれるアインズ様のゆかいな部下たち。盲目的にアインズ様を慕う彼らの面白さが炸裂しています。

とつぜんアインズ様が福利厚生的な発想で人間界のイベントを部下たちに教示したエピソードでは、楽しいはずのイベントが悪の世界モードにチェンジ。クリスマス・餅つき鐘つき・ホワイトデーも恐ろしい攻撃やトラップにアレンジされ、部下たちはアインズ様をますますリスペクトしちゃいます。

当のアインズ様はポカーンとしたり、ツッコミをいれたりと大忙し。結局は部下たちが楽し気にキラキラ納得しているのでOKということになりますが、価値観の違いや部下たちのキャラにたじろぐアインズ様の姿はとてもカワイイです。

癒し系どうぶつ・もふもふハムスケも大活躍

ジャンガリアンハムスターそっくりのカワイイ見た目で、しかも他のキャラより2倍以上デカいサイズのハムスケ。原作でもマスコット的人気でギャグ適正はバツグンのハムスケが、モフっとキュートに、とびっきりコミカルに大活躍します。

“ツンデレ系”のナーベさんをウッカリ癒しワールドに導いたり、憧れのアインズ様のビジュアルに近づこうと四苦八苦したり、とドタバタ動き回るハムスケ。変なお面や血しぶきメイクでカッコつけてみるも、キモすぎてアインズ様に「コワッ」と拒絶される羽目に。

他にも、アインズ様から与えられた運動器具をゴキゲンに乗り回すハムスケなど、見た目に相応しい活躍も胸キュンものです。なんだかんだハムスケのことを気に入って可愛がっているアインズ様の可愛さにもホッコリしてしまいます。

まとめ

公式アンソロジーにふさわしく、表紙とカラーイラストは原作コミックを描く深山フギン先生の描きおろし、原作小説のイラストを担当するso-bin先生もカラーイラストを描きおろしています。シリアスな雰囲気の表紙が多いオーバーロードですが、この表紙とカラーイラストはポップ系の雰囲気がとても新鮮です。

パロディ漫画は全編ギャグモード全開で笑いっぱなしです!なんだかんだ皆がワチャワチャ楽しく集まってるような感じは、なかなか拝めない貴重なシーン。原作やアニメを楽しむ時、「実はここで…?この後…?」とか妄想を膨らませるのにも役立ちます!

他の作家さんが描かれることで、新たなキャラクター達の魅力がひきだされています。ますますキャラクターへの愛が高まり、世界観の新発見を見いだせる一冊です。タイトルと表紙にがっつり「1巻」と書かれているので、次巻への期待も高まります。

オススメ度:★★★★★★★★☆☆ ★8

Pocket
LINEで送る