Pocket
LINEで送る

二本松兄妹と木造渓谷の冒険 (ヤングキングコミックス)

「二本松兄妹と木造渓谷の冒険」の発売を知ったのは、 作者・水上悟志先生のイラストや漫画も読める公式Twitterにて。

以前から水上先生の描く独特のファンタジーやSFのファンで、「戦国妖狐」「惑星のさみだれ」「スピリットサークル」などを愛読していました。

「二本松兄妹と木造渓谷の冒険」は、2018年1月10日に短編集「放浪世界」とあわせて2冊同時発売。水上悟志先生の幻想世界に浸れる瞬間がやってきました!

あらすじ

「二本松兄妹と木造渓谷の冒険」は、火と氷の力を操る二本松兄弟と座敷童ねりねの活躍を描いた和風テイストの妖霊バトルファンタジー。

朱彦と雪緒は拝み屋・二本松兄弟として除霊や退治など、怪異がらみの仕事をする毎日。ある日、2人は式神スズメに追われている座敷童の少女・ねりねを救出します。

福をもたらすねりねと、彼女の故郷・木造渓谷に住む福妖や福神を狙うのは、有名な退魔師一族の零堂天吉。天吉は直接攻撃で再びねりねを誘拐。ねりねと彼女の故郷を守るため、朱彦と雪緒が立ち上がります!!

感想

主人公・二本松兄弟のホットでクールな魅力がみなぎる!!

暗い性格でふだんはダラダラ、でも金勘定はキッチリやる兄の朱彦。いつもハイテンションの超明るいイマドキガールの妹・雪緒。異母兄弟で正反対のキャラの2人ですが、なんだかんだお互いを理解・信頼して仲良く暮らしています。

バトルシーンでは炎の力をまといながら、氷剣二刀流を繰り出して戦う朱彦と、キラキラしたセクシーな氷の衣装にチェンジして鋭い氷の攻撃を繰り出す雪緒。カッコよくて美しいビジュアルと激しいバトルが超エキサイティングです。

朱彦と雪緒の変身モードは、なんと二段階。ストーリーの終盤に、二人の新たなお色直しが見られます。朱彦は神主や陰陽師、雪緒は巫女のような神々しい姿になってバトルを終結へと導きます。その姿はただただ、「尊い」の一言。

可愛すぎるぷにぷに系ガール・座敷童のねりね

座敷童のねりねは、おかっぱ頭に着物姿という典型的な日本人形風の座敷童スタイル。見た目は幼い少女ですが、やはり福をもたらすありがたい存在。「わし」「〇〇じゃ」という古風な話し方のギャップもカワイイです。

ねりねと二本松兄弟の人間界での交流も丁寧に描かれていてます。初めて食べるパスタやパフェに興奮するねりね様や、それを優しく見守る二本松兄弟。ねりねを福妖として敬いながらも、近所の親戚のように接する二本松兄弟の眼差しが温かく、とても微笑ましいです。

ねりね様の最もカワイイ表情は、無邪気な満面のスマイル。二本松兄弟もすっかりその笑顔にメロメロの様子。雪緒がねりねを助けに行く時、「ねりね様からあんないい笑顔の報酬を前払いでもらっといて、今さら仕事放棄は無しだぜ!!」と宣言したところにも、ねりねへの優しい想いがあふれています。

個性がキツいけど憎めない敵キャラもズラリ

強敵ながらヘッポコ感が漂う、どこか憎めない敵キャラの零堂天吉。ボンボンキャラでプライドが高い一方で、雪緒の悪口にビビったり、雪緒の巨乳にビビったりと打たれ弱いヘタレなところも。「負けるものか!おっぱいなんかに負けるものか」が名言です。

零堂天吉が使役する式神スズメは、でっぷりとしたまんまるフォルムが可愛いスズメ達。見た目通りあまり強くないところや、「ボス待って~」とヘナチョコながらボスの後を追いかける健気なところが超ラブリ~。シリアスな場面でも彼らのキョトン顔が集まっていると、もれなくニヤけてしまいます。

妖怪や幽霊だけではなく、福の神と貧乏神も登場。貧乏神は金持ちの零堂天吉にニコニコ笑顔でベッタリ寄り添って、ドジっ子かつ浪費を促進するという恐ろしいポジジョン。憑りつかれているほうの天吉もなぜ拒絶しないのかといったあたりも含めて、なかなかミステリアスな存在です。

まとめ

何度見ても見惚れてしまう、シンプルなのに力強い線。水上悟志先生のやわらかで変幻自在なタッチが堪能できます。ポップな表紙と美しいカラーイラストを堪能すれば、モノクロの本編も想像でより鮮やかな色彩で楽しめます。

魅力あふれるキャラ達のビジュアルやバトルシーンはもちろん、ねりねと二本松兄弟のあたたかな交流と絆に心がホッコリ和みます。水上悟志先生の世界観がギュギュッと凝縮されたクオリティーの高いこの1冊。映画のようなテンポのいい展開が爽快です。

そして、読み終わっても忘れられないのが、終始チュンチュンと右往左往して和ませてくれた式神スズメのかわいらしさです。見た目のインパクトとヘタレなキャラに完全に心を持っていかれました。1冊のみの刊行にも関わらず、式神スズメのビーズぬいぐるみが発売されてコミケでは完売したほどの人気というのも納得です。

オススメ度:★★★★★★★★★★ ★10

Pocket
LINEで送る