Pocket
LINEで送る

新装版 ラブひな(3) (KCデラックス 週刊少年マガジン)

筆者は元々ラブひなは全て読んでいたのですが今回新装版発売ということで改めて読み始めました。今回感想を書く新装版ラブひな3巻は2巻との同時発売となっています。

新装版ラブひなは全7巻を毎月の計4回に分けての刊行ということで比較的短い間隔でまとめ読みできるのでまさに読み直すのにいい機会だと思いました。

3巻では景太郎の約束の女の子に関しても何やら大きな展開があるので物語としてもかなりの盛り上がるところだと思います。

あらすじ

夏真っ盛り、海の家の手伝いがてら海を満喫するひなた荘の面々ですが、そんな中でも景太郎となるの関係はまだまだよくわからない状況が続きます。

秋になり受験勉強も佳境に入る頃、乙姫むつみがひなた荘の側のアパートに引っ越してきます。なんだかんだありながらも3人で受験勉強をすることに。

そして冬、いよいよ受験本番も近づく頃ですが景太郎、なる、むつみの間で景太郎の思い出の女の子を巡って新たな展開が始まります。

感想

夏は海に祭りに大騒ぎ!更には演劇まで?

ある日はるかからの命令で海の家の手伝いをすることになった景太郎、ついでにひなた荘のメンバーも一緒に泊りがけで海水浴に行くことになります。夏といえば色々むふふな展開がありますが景太郎となるはなんだかぎこちない感じです。

しかし夏祭りやら急遽頼まれた演劇やらとイベントがどんどんやってくるうちに景太郎となるの仲もなんだかんだいい感じになっていきます。途中景太郎の友達二人組のせいでギクシャクもしたけれど二人の仲はどんどん良くなっていきます。

それにしても水着に浴衣にとまさに読んでいるこちらも夏満喫ですね。可愛い女の子の水着姿がこれでもかと見れるのはやっぱり夏ならではで最高です。浴衣姿も皆可愛く特にしのぶは普段おとなしい格好なだけに一層可愛くなっています。

景太郎のせい?しのぶと素子とスゥの変化

39話から41話の3話ではそれぞれしのぶ、素子、スゥの話になります。39話ではしのぶのちょっとおめかしした話です。口紅を引いたしのぶは景太郎とのキスを想像して暴走気味です。まだまだ子供ですがしっかり恋する女の子で反応がいちいち可愛いですね。

40話では弱くなったと言われた素子が山ごもりに、しかし皆も行っていますが確かに素子は大分性格が柔らかくなったように思います。それにしても景太郎もなかなか散々な目にあっていますが、これも素子が素直にならない限り続きそうです。

そして最後は41話のスゥの話です。赤い月に照らされた普段からは想像できないきれいな女の子。月明かりのせいだそうですが、そんな話の中でも気になるのがスゥの景太郎に対する反応です。どうやら普段はわかりにくいですが彼女も恋心はありそうなんですよね。

なるの昔の写真と景太郎の約束の女の子

季節が秋になるとなんと乙姫むつみがひなた荘の側に受験のため引っ越してきます。そのまま景太郎となると3人で受験勉強をしていくのですが、なるは景太郎にヤキモキしたりとラブコメ全開です。しかしそんな時になんだかとんでもないことが起こります。

むつみも小さい頃に東大受験を約束していたらしいのですがその相手を忘れているようです。しかしむつみが日向そうに来るとなんだか昔ここに来たことがあるようで、更になるの昔のひなた荘で取った写真に小さい景太郎が写っていたのです。

むつみと景太郎が約束の相手だと思い込むなるですが、一方で景太郎は今はもうなるのために東大を目指しているわけでして、複雑な三角関係状態ですが一体どうなるのでしょう。そもそも本当に約束の女の子はむつみなのでしょうか。

まとめ

新装版ラブひな3巻の感想でした。全7巻なのでもう中盤なんですよね。2巻分がまとめて収録されているので物語がどんどん進みます。とはいえ今回はかなり気になる展開で終わってしまいます。筆者は新装版発売すぐに読んでいるのでこのままお預けはかなり先が気になります。

ちなみにこれはあくまで新装版なので読もうと思えば完結まで読めますがせっかくなので新装版を順に読んでいこうかとも思っています。それにしても今回は夏の海に祭り、そこから秋を経てのクリスマスと季節イベント盛り沢山です。

こういう楽しい季節イベントを見ると自分も楽しみたくなりますね。そして何よりイベントごとの女の子が非常に可愛く満足です。それと今回はなると景太郎以外にもスポットが当たる話があったのもとても楽しかったです。これからもこういう話は見たいですね。

オススメ度:★★★★★★★★★★ ★10

記事担当:ツブアン

Pocket
LINEで送る