コハエースDX (カドカワデジタルコミックス)

今回読んだのは「コハエースDX」という漫画です。こちらは経験値先生によるギャグ漫画ですが内容はかなり特殊です。

基本的にはTYPE-MOON作品を題材にした楽屋ネタなどが中心の作品ですがコハエースDXではFate/Grand Orderが中心と言っていいでしょう。

筆者は元々Fate/Grand Orderを遊んでいて関連作品を探すうちにこのマンガにを手に取りました。

あらすじ

コハエースなんだかんだ5年も連載されているもののすっかりマンネリ気味、そんな仲コハクと秋葉は社長からの命令で新企画を探すことになります。

とはいってもいきあたりばったりなこのマンガ、出て来る案はすでに他でやっているものばかりでボツの嵐でどうなることやら。

結局TYPE-MOONを巻き込んで楽屋ネタを織り交ぜ、色んな企画を実際に漫画で試していくことになりましたがうまくいくのでしょうか。

感想

驚きの白率!ゆるすぎるスタート

第1話一番最初から驚きの白さです。基本的にこの漫画は背景も無く吹き出しのセリフすら手書きというゆるさ、5年目通算6冊目ですが相変わらずの内容です。とは言え打ち切りをちらつかせる社長の命令で色々企画を出すことになります。

しかもメインの月姫キャラでであるコハクと秋葉はノブと沖田にメインキャラを奪われそうになって大慌てで新企画を考えに行きます。でもまあそんな企画を簡単にい思いつくこと無く何処かで見た企画の羅列になります。

それにしてもここを読んで思ったのですがFateシリーズのスピンオフはとにかく幅が広いんですよね。学園モノ、料理物、麻雀物とまあ色々あるわけで、当然提案企画もかぶりまくりでしたが結局全部実際に試してみることに、体よく連載ネタが出来ました。

手始めに学園モノそしてその他諸々

手始めの新企画はモードレッドが主役の私立コハエース学園です。特になんの説明もなく唐突に始まる学園マンガですが、ファッション不良のシャンヌオルタ先輩とか妙に可愛いあたり微妙に見続けてみたいと思ってしまう内容でした。

しかしもうすでに学園モノ連載中なので当然打ち切り、どうやらこんな感じで暫く続くようです。それにしても地味に男塾ネタが有ったりとFate好きな世代にはわかるのか不安になるネタが出てくるのがコハエースらしいです。

他にもアイドル賭博伝説エリちゃん、1から始める騎士王伝説、KOHABAKOなどどれもこれもどこかで聞いたようなタイトルばかり、と言うかFate関係なく片っ端からネタを持ってきています。内容も具体的に言っては良いのかわからないようなパロディ満載でした。

FGOのぐだぐだ明治維新うらばなし

最終話の後にはFGOで行われたぐだぐだ明治維新の裏話がマンガで載っています。元々コハエースから出たオリジナルキャラがメインのイベントということでこのコハエースDXにいろいろな話が載っています。個人的には一番好きな話かもしれません。

実はメインとなった織田信勝がが最初はいなかった、どころか元は別キャラ予定のイラストから始まって急遽追加されたという凄まじい行き当たりばったりという驚きの事実。そもそものシナリオがかなり適当に終わらそうとしてたりといろいろ驚きばかりです。

それにしてもシステム的な問題とか、シナリオ批判とか相変わらず色々取り繕わない話が出てくるのが面白いです。でもシナリオはこのコハエースDX作者の経験値氏自身なので自虐ネタですがね。微妙に作者自身の願望も入っていたり言いたい放題です。

まとめ

それにしてもイラスト先行で追加キャラ誕生とか随分思い切ったことするな~とも思いますが、たしかに実装されたイラストは素晴らしいのでわからなくもありません。でもそういった話をぶっちゃけて良いのか読んでるこっちまで不安になるような話でした。

基本的には楽屋裏ネタや公式で行って良いのか不安になるようなネタが多いコハエースDXですが、今読み返すと当時こんなこと有ったなと思い出しながら読めるのでFGOを始めFateシリーズを好きな方はかなり楽しめます。

メタな話ばかりのマンガですが出て来る2頭身キャラは可愛いのには違いありません。話してる内容はぶっ飛んでいますがそれもそれでOKと言った感じです。それと地味にTYPE-MOONの歴史を振り返るという大本のコンセプトに沿った話もありちょっとだけためになりました。

オススメ度:★★★★★★★★★☆ ★9

記事担当:ツブアン