Pocket
LINEで送る

とっても優しいあまえちゃん!(2) (ドラゴンコミックスエイジ)

「とっても優しいあまえちゃん」はニコニコ静画「ドラドラドラゴンエイジ」で配信・連載されている新感覚ラブコメディ(バブコメディ?)です。

僕もニコニコから入ったクチで、巨乳JSがひたすら主人公を甘やかせてくれるだけという内容に「駄目だ……早くなんとかしないと……」という恐怖を感じたのを覚えています。

でも今ではすっかりハマってしまいましたね。今回紹介する2巻では、新キャラが登場してより賑やかになっています。「尾床あさり」というネーミングセンスがすごいですよね。男漁りですよ。ビッチJSですか!

あらすじ

男の子にモテる小学生女子の「尾床あさり」ちゃんが初登場!あまえちゃんの後を尾けたあさりちゃんが見た驚愕の光景とは!?(13話)なんとおにーさんはバイトをしていた!(第19話)

大家さんの呑田宵子さん登場!(キャラクターデザインとしてはこの人が一番かわいいと思います。)大家さんの目を盗んで甘えるとっておきの方法は?(第21話)

出版社への持ち込みに失敗したおにーさんはあまえちゃんとの結婚の約束を果たすことができないと吐露する。男をやる気にさせるあまえちゃんの真価が発揮される(第24話)

感想

新キャラ「尾床あさり」ちゃんが大当たり!

2巻では「尾床あさり」と「呑田宵子」という二人の新キャラが登場しましたが、あさりちゃんメイン回は13話、17話、23話と3回もあました。作者のちると先生の「このキャラは当たりですわ。ようけ使わせてもらいますわ(なぜか関西弁)」という確信が感じられます。

あさりちゃんは、男の子にモテるということをアイデンティティにしているあまえちゃんのクラスメイトで、猫しっぽ衣装と語尾の「~~だよ」が特徴的な女の子です。あまえちゃんは巨乳JSでいわば「邪道ロリ」であるとすれば、あさりちゃんは「真っ当なロリ」ですね。安貝まともちゃんも真っ当なロリですけれども。

2巻で描かれるのは、あさりちゃんがあまえちゃんとおにーさんの狂気の関係を目撃する様子です。あまえちゃんが男を手玉にとっていることでライバル視するようになるのですが、同時にものすごくSAN値が下がっています。意外と打たれ弱いあさりちゃん……萌えですね。

おにーさんの駄目っぷりも板についてきましたね

新キャラ登場回と、まともちゃん登場回以外では、ひたすらおにーさんとあまえちゃんのイチャラブが描かれています。あまえちゃんに甘やかされていく中での、おにーさんの幼児退行っぷりが凄まじいんです。1巻の最初のほうがまだおにーさんにも人間性がありました。

すぐに「ふぇ~ん」と言いながらあまえちゃんに甘えるようになっていますし、姿勢も反応も一巻よりもキモさがパワーアップしています。成長物語どころか、退行物語だよ!とでも突っ込みたくなりますね。モノローグのボキャブラリーも尽きません。

「ときめきの鉄砲は百発百中~~」というような言葉が次から次へと出てくるのです。こうした狂気の世界の中で、まともちゃんの存在は一服の清涼剤のようなものですね。本当におにーさんのことを考えてくれていて、読者が共感できるキャラクターというのは彼女ぐらいかもしれません。

新約「とっても優しいあまえちゃん」が始まる第24話

第24話でおにーさんは、まともちゃんに引っ張られて原稿をプロの編集者に見せていくことになります。まともちゃんが誰かを更生させようとする時、それは本格的なものになってしまうのですね。で、案の定おにーさんは編集者にぼろくそに言われて轟沈してしまいました。

第1話でおにーさんはあまえちゃんと「人気漫画家になったら結婚する」という約束をしていましたが、おにーさんはその約束を果たすことができないとあまえちゃんに吐露してしまいます。あまえちゃんは答えます。「あの結婚の約束はなしだよ」「何かの冗談だってなんとなく結んだあの頃の約束は・・・」

バッドエンドかと思いきや、あまえちゃんは新しい約束をおにーさんに提案してきました。そのシーンでのあまえちゃんの表情・作画が超いいですね。おにーさんの狂気や変態性ばかりが強調されがちですが、あまえちゃんのキャラクターも相当なものがあります。

まとめ

新キャラのあさりちゃんに魅了されっぱなしの2巻でした。あまえちゃんのお餅に甘えるだけでは食傷気味ですからね。ステーキばかり食べていても胸焼けがするので、胸囲的な意味でぺったん薄いあさりちゃん回やまともちゃん回が必要なのです。

ちると先生によるとあまえちゃんは1巻で終わる予定だったそうです。2巻が出て、今も連載中で次巻もどんどん出るだろうという状況は予想できなかったようですね。ちると先生の漫画力が凄かったのか、現代日本の漫画読者の心の闇が凄かったのか判断に迷うところです。

設定にばかり気をとられてしまいますが、ちると先生のセリフ回しや構図の上手さもヒットの理由だと思いますね。普通の人では「巨乳JSに甘えるだけ!」という設定でここまで話を続けられませんよ。あまえちゃんは癒しで読むもよし、ちると先生の狂気のハイセンスを味わうもよしな萌え漫画なのです。

オススメ度:★★★★★★★★★★ ★10

記事担当:カオス

主に青年誌のラブコメ・エロコメを好む30代男子。「変女」推し。

Pocket
LINEで送る