魔法少女サイト 8 (Championタップ!)

「魔法少女サイト」は、ダークファンタジー「魔法少女・オブ・ジ・エンド」で有名な佐藤健太郎先生の作品です。

圧倒的な恐怖と謎が渦巻く「魔法少女・オブ・ジ・エンド」で佐藤先生の描く作品のファンになり、「魔法少女サイト」もWeb連載時からチェック、移籍した「週刊少年チャンピオン」での連載も愛読しています。

2018年4月からのアニメ放送も決定して盛り上がる中で発売された、「魔法少女サイト」8巻では魔法少女たちがさらに過酷な戦いに身を投じていきます。

あらすじ

家では兄の虐待、学校ではイジメに苦しんできた女子中学生の朝霧彩は、謎の「魔法少女サイト」と出会い、「魔法少女サイト」の管理人から拳銃の形をしたステッキを与えられて「魔法少女」となります。

しかし、魔法少女となった瞬間から魔法少女同士の争いに巻き込まれ、ステッキを使うたびに寿命が削られていきます。

魔法少女たちは魔法少女サイトの矛盾と真の目的を暴くために結束し、管理人捕獲計画を実行しますが、そこで発覚した事実と管理人たちの応戦がさらに彼女たちを苦しめることになります。

感想

初めてフツーのJKらしい遊びをエンジョイした彩と露乃

緊迫した戦いでステッキを使い、寿命が削られていく魔法少女たち。中でも最も命を消費してしまった露乃は、あと2日しか生きられないことを告白しました。彩はムリに笑顔を作って「遊びに行こ!」と露乃を誘い、竹下通りに向かいました。

原宿・竹下通りと言えば、女子高生の聖地。流行のパンケーキやカラフルわたあめを食べたり、プリクラを撮っておそろいのスマホケースに貼ったり、街頭インタビューに答えたり…と思いっきり「フツーの女子高生」を楽しんだ2人。今更ながら、無邪気で幸せそうなその姿に胸が締めつけられます。

2人は夜の公園で最後のひとときを過ごし、「もっと一緒にいたかった」と号泣して抱きしめあいます。儚くも美しいその姿がまた切ないシーンの連続でした。そして2人はふたたび捕獲作戦に参加して深刻な状況へと巻き込まれていきます。

明かされた「それぞれの過去」は、壮絶な死亡フラグ?

管理人捕獲計画の続行前に、魔法少女のそれぞれの過去が描かれました。重病で余命を宣告された小雨とキヨの出会い、紗雪とその母の絆、ふだんはヘロヘロなのに実はメチャメチャ強かったみかりの執事など、穏やかで温かな日々を過ごす魔法少女たちの素顔が見られます。

しかし、そのほほえましい過去エピソードがその後の壮絶なバトルによる死亡フラグを予見させるかのようで、なんともいえない不安や焦燥感が加速していきます。そして、その後の管理人捕獲作戦で予感は的中。魔法少女たちは管理人「拾」と「拾肆」の返り討ちにあいます。

生死不明の魔法少女たちの元に彩と露乃が駆け付けますが、作戦の要でもある禍沼アリスが姿を消してメンバー全員が満身創痍の大ピンチに。しかし、これまで脅えるばかりで戦いを避けていた彩がついに意を決して戦いに挑みます。

とらえた管理人「弐」の正体、生死不明の仲間たちの運命は…

アリスは捕獲に成功した管理人「弐」のバラバラ死体を自宅に保存し、その正体が「元魔法少女」であると推理します。しかし、その死体の切り口はとても人間とは思えない機械じみた構成になっていて、謎は深まるばかり。

そして熱心な情報収集で貢献してきたアリスですが、作戦の最中に姿を消したり、露乃が力を使い切ったところを見て「作戦通りと言ったところか」などと言いながら冷たい表情を見せるなど、もうとても味方とは思えない雰囲気です。

アリスはサイト管理人・漆に協力する美炭と一緒に写っている写真も発見されています。他の魔法少女たちとは異なるコネクションを持ち、同じ時間操作系の力を持つ露乃を見捨てた非道ぶり。完全な裏切者と見て間違いなさそうですが、今後の挙動が最も気になる一人でもあります。

まとめ

毎回のように凄まじい衝撃と謎めいた怒涛の展開が続く「魔法少女サイト」。管理人が魔法少女たちを返り討ちにしたり、アリスが裏切って高みの見物を決め込んでいたり…。8巻では今までにない極限と絶望感に襲われます。

これまでは息があればギリギリのところで味方を救出できていましたが、多くの魔法少女たちがグッタリと倒れていて生死不明の大ピンチ。しかし、そこで露乃が最後の切り札とも言える行動に出て、彩の背中を押したことによって希望がつながります。

彩はラストで今までに見せたことのない、強烈な目ヂカラと真剣な表情をたたえて管理人たちに向かっていきます。主人公でありながら翻弄されるばかりだった彩の覚醒と成長は、この「魔法少女サイト」の中でも重要なターニングポイントとして今後のストーリーにつながっていきそうです。

オススメ度:★★★★★★★★★★ ★10