ウルトラジャーニー ツインテール少女とツインテールな僕(2) (シリウスKC)

「ウルトラジャーニー ツインテール少女とツインテールな僕」は、ウルトラマンに登場する怪獣を擬人化するプロジェクト「ウルトラ怪獣擬人化計画」のコミック版のひとつです。

元気なツインテール少女・ヒロインのヒナちゃんの表紙がカワイイ1巻をジャケ買いしたのが、発売したての2017年7月ごろ。約半年ぶりに発売された2巻をホクホクとゲットしてまいりました!

1巻では複数の異世界を旅して3人の仲間たちが増えましたが、2巻ではその仲間たちとホッと休息を楽しむサービス温泉回と、聖なる魔女のパルゴが住むエメラルド城での冒険が展開します。

あらすじ

「ウルトラジャーニー ツインテール少女とツインテールな僕」はウルトラ怪獣を擬人化したキャラが活躍する、世界を救うための異世界冒険ファンタジーです。

邪悪な魔女サバトに時間を奪われ、聖なる魔女パルゴに力を与えられた少女ヒナと少年ナタ。ヒナは魔法少女スタイル、ナタは怪獣ツインテール風の幻獣のような姿に変身します。

そして二人はパルゴの赤い靴に誘われ、虹の道を通って異世界から異世界へ。それぞれの異世界で出会う人々をトラブルから救い続けるヒナとナタは、サバトの企みを知って加わった仲間たちとともに旅を続けます。

感想

ラッキースケベ満載・温泉回はいいエロ加減

2巻はいきなりホッと一息ついちゃう温泉回からスタート。もういきなり神回の予感たっぷりです。ナタとヒナはつながっていないとヒナがエネルギー切れになってしまうので、ヒナは「見ないでよね」と言ってナタを頭の上にのせて入浴。しかし当然ながらバッチリ背中からヒップまでのラインが見えてナタは赤面。

そして温泉回と言えばやはり、巨乳女子が主役。天然セクシー担当・牛ガールのミクはナタをパフッとお胸に挟んだり、天真爛漫なガラ子ちゃんに抱きつかれてムニュムニュ、ヒナにもっちもちの肌質を確認されたりと大活躍。

そして普段はガチャガャしたロボットパーツをまとっているお嬢が、外身のパーツを取り外して入浴。ロボットゆえにイマイチ感情に乏しいお嬢が唐突に湯から立ち上がった為、ナタは不可抗力でモロにお嬢の素っ裸を見てしまいます。けっこうなセクシーボディーがグッジョブ!でした。

超有名怪獣ブースカさんの擬人化バージョンご登場!

温泉の後に到着した世界は、エメラルド城。ちょっとオズの魔法使いっぽいモチーフです。ここでチャメゴンという猫っぽいモフモフ幻獣が登場します。チャメゴンと言えば、あの超有名怪獣、ウルトラ怪獣界のスーパースター・ブースカさんの弟です。

チャメゴンのお茶目ななぞなぞタイムが終了した後、ついにブースカさんの擬人化キャラ「ブウス子」も登場します。ブウス子はブースカさん柄の帽子をかぶった、露出度が高いロリ幼女です。賢くて利発な少年のような口調のブウス子さん。本家ブースカさんはドジッ子キャラでも有名だったのでちょっとそこは残念かも。

賢いブウス子さんは、世界のヒミツについてもネタバレを披露。これまでヒナたちが巡ってきた異世界は、もともとはひとつの世界。なんらかの理由でバラバラになった世界を、ムリヤリひとつにしようと企んでいるのが魔女サバト。かなり壮大な話になってまいりました。

聖なる魔女・サバト様のセクシーさにゴクリ

そしてエメラルド城の高層階には聖なる魔女パルゴ様がいらっしゃいました。この世界で最もセクシーで美しい慈愛に満ちたお方、それがパルゴ様です。褐色の肌がより映える全身白の荘厳なファッション、豊かな胸と腰周辺の布面積の狭さ。尊いです!

自ら語った過去のエピソードでは、小さな恐竜たちを「もう大丈夫」と言って干ばつから救い、ワラワラと集まってきた可愛い恐竜たちと楽しく戯れていたパルゴ様。魔法で雨を降らせたり、恐竜たちをおヒザに乗せたり抱き上げたり…尊いです!

そしてパルゴ様はサバトから世界を守るために、ヒナとナタ、お嬢、ミク、ガラ子に異世界を巡る旅を続けながら赤い靴に力を集めるよう託します。パルゴ様の言葉に勇気づけられて、力強く旅立っていったヒナたちの姿が頼もしかったです。

まとめ

2巻は最重要キャラであるサバト様が早くも再登場して、世界のヒミツを教えてくれるという意外にスピーディーな展開でした。もう少し世界のナゾは秘められたままでも良かったのでは?と思わなくもないですが、ヒナたちのポテンシャルをあげるためには必要なステップだったと思えば納得の展開です。

そして相変わらず女性キャラのラインが美しくて、適度なセクシーさがステキです。もちろんピチピチボディーが素晴らしい温泉回も最高でした。主人公のナタは幻獣の姿で、主要キャラが女性ばかりなので画面がいつも華やかでテンションあがります。

今回は世界観のオリエンテーション部分に主軸が置かれていたので、ヒナたちの活躍がちょっと少なめでしたが、バトルや頭脳戦でより絆を深めていたところがアツい展開でした。今後は、せっかくの擬人化なのでもっとウルトラ怪獣をモチーフにした能力などにも期待したいです。

オススメ度:★★★★★★★★☆☆ ★8