Pocket
LINEで送る

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

もともとミラクルジャンプで連載されていた「かぐや様は告らせたい」ですが、確か2016年ごろにヤングジャンプに移籍してきたのを覚えています。ヤングジャンプ読者だった私は、その頃にこの作品と出会いました。

以前からネットの口コミなどで「面白い」という噂を聞いていた「かぐや様は告らせたい」。「評判いいみたいだし一応読んでみるか…」と軽い気持ちで読み始めた私でしたが、ものの数分でドはまりしてしまいました。

今では全ての萌え系マンガのなかで5本の指に入るほど本作のファンになってしまった私。今回は皆さんにもこの魅力を伝えるべく、「かぐや様は告らせたい」最新第8巻のレビューをさせて頂きます!

あらすじ

伊井野陣営との選挙戦を終え、新たな日常を歩みだした新生秀知院生徒会。メンバーのほとんどはこれまで通りですが、会計監査として伊井野ミコを引き入れることに成功しました。

ミコにとっても生徒会入りは長年の悲願でしたが、彼女は秀知院生徒会の実情を見て愕然としてしまいます。生徒会メンバーは平然と校則を破るばかりか、神聖なる生徒会室でセッ…もとい、あんなことやこんなことまで…

もちろん勘違いなのですが、ミコは秀知院生徒会を「酷いヤリサー」と断定してしまいます。さっそく亀裂が入ったミコと旧生徒会メンバー。果たして彼らは和解することができるのでしょうか!?

感想

新メンバー・伊井野ミコの盛大な勘違い

前巻の生徒会選挙編にて、新たに秀知院生徒会のメンバー入りを果たした伊井野 ミコ。真面目で正義感の強い彼女の加入で生徒会はさらなるパワーアップを遂げる…かと思いきや、ミコの加入は生徒会に新たな軋轢を生んでしまいます。具体的に言えば、ミコが生徒会のことを「酷いヤリサー」だと勘違いしてしまったのです。

賢明な読者の皆様ならご存知の通り、秀知院生徒会は酷いヤリサーどころか酷いチェリー集団です。しかしミコは、かぐやが「会長のヤリチン!」と叫びながら生徒会室を出ていくところや「これ以上は気持ちよくて死んじゃうから!」と叫ぶ会長の姿を見てしまっているので、勘違いするのも当然だと言えるでしょう。

どうしてそんな盛大な勘違いを誘発するような状況に陥ったのかは、ぜひご自分の目で確かめてみてください。いつものことと言えばいつものことなのですが、ピタゴラスイッチのように状況を悪化させていく秀知院生徒会メンバーの様子が本当に笑えました。

少女漫画モードになってしまう秀知院生徒会

8巻で面白かったエピソードのひとつが、第73話「白金御行は読ませたい」に端を発する「少女漫画騒動」です。少女漫画を読んだ会長が「めっちゃ恋したいわー!」というモードに入ってしまい、少女漫画を生徒会室で回し読みすることでその空気感を伝染させていくというエピソードです。

かぐやにも少女漫画を読ませて恋愛モードにしてやろうと画策する会長…そしてその目論みは見事に的中します。生徒会メンバーは次々と恋愛脳になっていき、挙句の果てには作画のタッチまで少女漫画チックになるという未曽有の事態に…(笑)

ギャグ回としても秀逸な少女漫画騒動でしたが、何より恋愛モードに入ったかぐやが今までに無いほど素直で可愛かったのも高評価でした。頬を赤らめながら「二人の熱で私までプリンみたいにとろけちゃう…!」と照れるかぐやなんて、少女漫画モードでもなければきっと見ることはできなかったでしょうね。

救急車で搬送されたかぐや!鬱展開になる…かと思いきや!?

第79話「かぐや様は診られたい」のオープニングには本当にドキッとさせられました。いつも通り生徒会室にいたかぐやが、「少し調子が…」と言い残して倒れてしまうのです。かぐやはそのまま救急車で搬送され、世界的な心臓病の名医のもとで診断を受けることに…

ときどき重いエピソードを挟んでくる「かぐや様は告らせたい」だけに、今回もシリアスな話が始まってしまうのか…と身構えてしまいました。ところが病院に搬送されたかぐやに下された診断は「恋の病」。なんとかぐやは、会長と触れ合ったときのドキドキで倒れてしまっただけだと言うのです。

必死に否定するかぐやも可愛かったのですが、何より顔を真っ赤にして「私だってこの病院使ってるのに…もう来れないですよマジ最悪…」と恥ずかしがる早坂が最高でした。いつも冷静な早坂をここまで追い詰めるかぐやの圧倒的ピュア…(笑)四宮家のお嬢様はさすがだな、と再認識させられてしまいました。

まとめ

1巻から絶え間なくニヤニヤさせてくれる「かぐや様は告らせたい」ですが、回を追うごとにニヤニヤ度が増してきますね。この作品はいわば「長~い時間をかけて軟化するツンデレ」の話なので、かぐやがデレればデレるほど、ポンコツになればポンコツになるほど楽しめます。

その点でいえば、8巻のかぐやは相当デレてましたしポンコツ度合も抜群でしたので大満足。思えば私は「かぐや様は告らせたい」の新刊が発表されるごとに、本当に癒しのひとときを過ごさせていただいてます…今巻も控えめに言って「最高」のひとことでした。

ただ8巻は比較的、かぐやとミコを中心に置いたエピソードが多めでしたね。2人とも可愛かったので文句はないのですが、ファンとしてはそろそろ藤原書記がメチャクチャやらかすお話も読んでおきたいところ。きっとそろそろ藤原書記が何らかのトラブルを起こしてくれると信じて、次巻も楽しみに待ちたいと思います!

オススメ度:★★★★★★★★★★ ★10

記事担当:だいなごん

二次元の世界が好きすぎて脱サラし、マンガ・アニメ専門のライターになってしまったヤバい人です。
朝から晩までマンガを読んではレビュー、アニメを見てはレビューという二次元漬けの日々を送っています。

Pocket
LINEで送る