新装版 ヤンキー君とメガネちゃん(7) (講談社コミックス)

私がこの本と出合ったきっかけは、週刊少年マガジンで連載中の頃でした。新装版なので7巻8巻が同時発売の為、同日にセットで手に入りました。

お値段は842円と普通の単行本に比べると高くなっているのですが、その分内容は384ページとボリュームがあるので満足できます。

つい最近まで週刊少年マガジンで同作者の描く「山田君と7人の魔女」も連載されており、昔から絵のデザインが変わらないので違和感なく読むことができました。

あらすじ

様々な困難を(足立花の腕力と威厳で)何とか乗り切り、無事に次期生徒会として選ばれた香川・北見・アンナの三人。

息つく暇もなく品川は次の問題に頭を抱えている様子。その理由はゲームの対戦相手の「マユたん」がいなくなったと言うくだらない理由でした。 

そして物語はいよいよ夏の海に突入。少年マンガで「夏の海」×「女の子たち」と言えば、もちろんお待ちかねのあの回です!

感想

謎のロリ幼女マユたん登場!さすがの品川も子供にはお手上げ?

ゲームの中でライバルとして品川が認めている「マユたん」は、ゲームの中でもロリ幼女の姿をしていました。しかしその腕前から品川は勝手に「ネカマニートのおっさん」と決めつけてしまっています。そんな時公園に現れたのはマユたんと外見がそっくりな女の子でしたが……まったく気づかない当たりは品川らしいですね。

どうやら内緒でネコを飼っていたその幼女は2週間前からいなくなった様子。品川、マユたんがいなくなったのも2週間前ですよ!しかしそこも難なくスルーした品川は幼女と一緒にネコ探しを始めるのでした。紋白高校に幼女を連れ込んだ品川。良いことをしているのに誘拐犯のレッテルまで貼られていて可哀想でした。

結局見つからずあきらめかけたその時、ついにネコを発見。しかしすでに飼い主らしき少女に抱かれているのを見て、幼女は取り返そうとします。その後、品川が見せた大人の対応で話はうまく締められるのですが、ネコが見つかった翌日にゲーム内でマユたん復活。品川気づいてくださいよ!

お待ちかねの水着回!意外にナイスバディなあの子があいつと!?

「海だー!」このセリフを待っていたヤンメガファンがどれだけいた事でしょうか!スタイル抜群のアンナと脱いだら意外と凄い姫路!ありがとうございます。もちろんお決まりの水着が波にさらわれるシーンから逆ナンなどなど、定番のシーンが満載で描かれています。たった2ページで!

余りのボリュームの無さにガッカリ感を隠し切れない方も多いと思いますがご安心ください。旅館でのちょっとした騒動があった後、生徒会の新旧メンバーが対立して戦う事に。決戦の場所には再びビーチが選ばれ、水着に着替えた女性陣(あとついでに男性陣)が激しい戦いを始めます。

一番手に選ばれたのは和泉と姫路のちびっこ同盟。背は小さいけど胸はちびっこどころじゃないのですけどね!最初はあまり仲良くなくチームワークもバラバラだった二人ですが次第に息はあっていき、笑顔で分かりあったりしてなんだか良い雰囲気に。似た者同士さすがはちびっこ同盟でした。

2人のハイスペック女子に萌える!

勝負は進み、第二走者のアンナと千葉にタスキが渡りました。ココで意外なハイスペックぶりを見せるアンナ。泥沼をスイスイ歩く姿に品川も思わず胸を指し「でっけえウキがついてるから」といいだす始末。おそらく読者の皆さんが思っていた事だと思います。普通に走っているだけのシーンですらイヤらしい!

アンナのサービスタイムも終わり、タスキは第三走者へ。今度は旧生徒会側のハイスペック女子足立花が大活躍します。遅れをとっていた旧生徒会チームでしたが足立花が猛追、腕っぷしに自信がある香川をまったく寄せ付けず吹き飛ばしてしまいました。その後のドジっぷりが花さんらしくて可愛いです。

そして最後の走者は品川VS北見!……最高に盛り上がるシーンなのですが、女性の水着シーンが無いと思ってガッカリしていた方々、ご安心ください!応援している女性陣の姿がチラっと何度も描かれています!もちろん最後の結末も見ものですが、姫路のふくれっ面は必見です。

まとめ

この7巻はついに後輩を含めての水着回と言う事で男性陣の方は大いに盛り上がれるのではないでしょうか?少なくとも私は大いに盛り上がる事ができました。吉河美希さんの描く女性陣はみんな可愛いので本当に毎回楽しませてもらっています。

今回それに負けないくらい印象に残ったのが「マユたん」でした。姫路の様なちびっこキャラではなく、本当の幼女枠での登場。ちなみにネコに「シナ」と名付けていたのですが、まさかゲームの中の品川に好意を寄せたりしないかと心配していたりします。

そして書き切れませんでしたが、和泉の意外な恋の話や新キャラとして登場した病弱パンク娘の宮崎。正直この宮崎が登場してから水着回に行ってもらいたかった!とにかく見どころ満載の7巻となっているのでぜひ手に取って読んでみてくださいね!

オススメ度:★★★★★★★★★★ ★10

記事担当:chobimaru318