ベジたべる(1) (ニチブンコミックス)

「ベジたべる」は、野菜が大好きなセクシーOLとそのお隣さんに住む大学生のグルメ系ラブコメディーです。

ヒロイン・彩芽さんのわがままセクシーボディーと、家で超カンタンにできる野菜たっぷりの激ウマレシピを同時に楽しめる、ボリュームたっぷりのオイシイ作品です!

いつもチェックしている書店のグルメ漫画コーナーで情熱的にオススメされていたので手に取りました。表紙の清楚な雰囲気の美女と野菜の鮮やかさにひとめぼれして即買いです!

あらすじ

野菜が大好きなOLの伊吹彩芽は、菜園ができるベランダが広いマンションに引っ越します。隣に住む大学生・乙成がショボい食生活をしているのを知った彩芽は、カンタンにできる料理をパパッと作って振る舞います。

乙成は自宅でセクシーな彩芽のハダカ割烹着姿を見て以来、ドキドキの毎日。彩芽に冷蔵庫やベランダのスペースを貸したり、一緒に野菜たっぷりの料理を食べるうちに、すっかりハートを奪われてしまいます。

彩芽は同僚OLとオリジナルレシピを作ったり、イケメン社長・牧の野菜嫌いを克服する手伝いをしたりと大活躍。牧も彩芽にホレてしまい、乙成も彩芽に夢中。当の彩芽は野菜に夢中で、恋愛には疎いようですが…?

感想

ハダカ割烹着がエロ過ぎる!天然系セクシーなヒロイン

まず本編を読んで最もビビったのは、表紙の彩芽さんの服が実は「ハダカ割烹着」だったいうことです。表紙では白っぽいセーターを着ているように見えるので、本編を読んで初めてハダカに割烹着1枚を着ているだけだということが判明して、衝撃を受けました。割烹着ですからもうスケスケ、腰から下の露出度がエロいです。

ふだんの彩芽は会社の制服姿や、通勤服など清楚でキッチリした印象ですが、何を着ていてもセクシーさがダダモレの完璧なダイナマイトボディが素敵です。状況に応じてつけたり外したりしていているメガネも好印象です。

彩芽のキャラはおっとりした天然系ですが、野菜のこととなると完全にオタクなところも魅力的です。野菜を調理するのはもちろん、野菜そのものを愛でている彩芽。本格的なベランダ菜園まで作ってしまう姿に本気を感じます。

ジュルリ…今すぐ食べたい!作りたい!激ウマレシピがドーン!!

グルメ漫画といえば飯テロが当たり前。この「べジたべる」はご飯とお味噌汁を用意して食べたくなる、野菜たっぷりのカンタンレシピが次々に登場します。1巻では鶏肉と春キャベツの炒め物カレー風味、鮭とブロッコリーのクリーム煮、エンドウ豆の春巻きなどなど…圧倒的なビジュアルに食欲をそそられます!

ストーリーの中で彩芽さんが華麗に野菜を調理しながら解説してくれますが、各エピソードごとに材料と作り方をまとめた詳細なレシピも掲載されているので、「自分でも作ろうかな?作れそうだな」という気持ちをかきたてられます。

さらに、野菜の栄養成分や、ベランダでもできる家庭菜園の作り方、野菜の冷凍保存方法など具体的なお役立ち情報もたっぷり掲載されています。野菜は切り方でもっと美味しくなるというエピソードなど、かなり実用的なところが素晴らしいです。

野菜を愛する彩芽の情熱が人をつなぐ

彩芽の隣人・乙成は料理はできないと敬遠していましたが、彩芽のおかげで充実した食生活を取り戻し、さらに彩芽に恋をして精神的にもかなり潤います。学生ながら彩芽を一生懸命思う姿がピュアで健気なところが好印象です。

彩芽と同じ会社で働く同僚OLの遠藤さやかは、何気にモテる彩芽にちょっと敵対心を感じていましたが、ひょんなことから彩芽と料理アプリのレシピコンテストに応募することに。レシピ作りを通して仲良くなっていく女子2人の姿が微笑ましいです。

そして乙成と恋のライバルになりそうなのが、料理アプリをプロデュースする会社の社長・超イケメン社長の薬師寺牧。小学生の頃に彩芽と因縁があって彼女のことを恨んでいましたが、彩芽のおかげで野菜が食べられるようになり、過去のことが誤解だったと気づきます。彩芽の優しさ、野菜に対する情熱に心が熱くなりました。

まとめ

「ベジたべる」は、ちょっとエロいOLお姉さん・彩芽のセクシーさやラブコメとしても楽しめますが、手軽に作れる野菜たっぷりレシピや、今スグに使える野菜関連のお役立ち情報をゲットできる実用的なテキストとしても活用できます。

ハダカ割烹着という、家庭的な割烹着とハダカのセクシーさを合わせた斬新なエロスも魅力的ですが、彩芽さんが野菜を調理しているところから食べているところまでのウットリした表情にも目を奪われました。野菜の価値を誰かと一緒に分かち合う時の、幸せそうな表情もとてもピュアでステキです。

レシピの方は、わずかな材料と手間で誰でもトライしやすいものばかり。野菜の具体的な調理法・保存法、栄養成分についての紹介も随所に盛り込まれているので、自分の食生活を改めて見直すことができる絶好の機会となりました。

オススメ度:★★★★★★★★★★ ★10