Pocket
LINEで送る

ランウェイで笑って(3) (講談社コミックス)

「ランウェイで笑って」は週刊少年マガジンで連載されている、スーパーモデルを目指す少女とファッションデザイナーを目指す少年の青春サクセス・ストーリーです。

「マンガ大賞2018」のノミネート作品としても選ばれている、いま最も注目されている人気急上昇中の作品です!!

2017年9月に発売された1巻をジャケ買いして、スタイリッシュで可愛い絵柄と激アツなストーリーにホレました。以来、新刊は発売日にゲットしています!

あらすじ

ヒロイン・藤戸千雪の夢はスーパーモデルになることですが、身長158cmでは難しいと言われています。そして、千雪のクラスメイト・都村育人は経済的な事情でファッションデザイナーへの道を諦めていました。

そんな2人が出会った時、育人の作った服が千雪を勇気づけ、千雪の決して諦めない情熱が育人を勇気づけます。2人は夢に向かって走りだし、育人は千雪の父の紹介でプロデザイナー・柳田の事務所で働き始めます。

3巻では育人がブランドの合同展示会に参加するなど急速にステップアップする一方、千雪とのデートやステキな家族とのエピソードで精神的にもより成長していく姿が描かれます!

感想

ちくしょう泣かせやがって…育人ファミリーの絆に号泣必至

育人は母子家庭で、ほのか・いち花・あおいという3人のカワイイ妹たちと仲良く暮らしています。3巻ではお互いを思い合う家族の絆が超感動的に描かれていて、表紙にも育人ファミリーの美女・美少女たちが勢ぞろいしています。

育人は過労で入院中の母のお見舞いに通ったり、妹たちの面倒を見たりと家事をよくこなしていました。しかし、ほのかは育人だけが自分を犠牲にしてファッションデザイナーの夢を諦め、妹たちのことばかり気にかけていることを怒っていました。

そんな中で育人は柳田から初給与をもらい、改めて夢への自覚を持ち、妹達に「ファッションデザイナーになりたい」と本音を伝えます。ほのかは「みんなで夢を叶える」と言い、いつか必ず母の夢も叶えると誓います。育人のお兄ちゃんとしての優しさと強さも、また妹たちと母の思いに支えられているところに感動しました。

やっぱりヒロイン!千雪は育人のミューズ

1巻はほぼ千雪メインでしたが、2巻あたりからは育人が主役のターンが続いています。しかし肝心なところでは、必ずお互いの存在がお互いを助け合う千雪と育人。3巻ではオフをもらってボーッとしていた育人を千幸がデートに連れ出します。

育人は「僕じゃ彼氏に見えないでしょ」と心の中でしょぼくれていましたが、千雪の食べたショートケーキを間接キスで食べてドキマギしたり、カラオケやゲームセンター、セレクトショップに行ったりと楽しい時間を過ごします。遊びながらも千雪が育人の疑問に答えを出し、グイグイ導いていくところが男前でした!

さらにデートの最中に、ナンパされた千雪を守ろうとした育人が自分もナンパされてしまい、逆に千雪が「触んなゲス」とナンパを止めるシーンも。思わず「やだ…カッコイイ」と胸キュンしてしまう育人が面白いです。その後に千雪が「今度買いに行こう、育人の服。男らしい選んであげる」と微笑むシーンも最高にカワイイです。

新キャラ・新展開!夢へ爆速で突き進む!!

柳田のブランドが出店した合同展示会で接客を担当した育人。有名ブランドデザイナー・芸能人・モデル・超敏腕バイヤーたちがひしめく会場で、服が売れていく瞬間に大興奮します。プロの世界に直接触れる育人の興奮と情熱がひたすらマブシイです。

展示会では柳田のブランドに注目した百貨店の超敏腕バイヤー・柏原史郎が2週間後のイベントに向けての大量発注を出したり、育人が服飾芸華大学の学園長からファッションショーへの参加を打診されたりと、さらに夢に大きく近づくチャンスが到来します。

柳田は大量発注に応えるため、追加スタッフを2人確保。新キャラとして服飾芸華大学の学園長が紹介してくれた超イケメン・綾野遠と、超キュートな女子大生・長谷川心が登場します。2人とも育人に興味津々で、天才の綾野は育人を引っ張り上げ、ちょっとホワワンとしている心は育人とともに成長してくれそうな予感です。

まとめ

育人が特に優れているのは、まっすぐでピュアなところ。夢に対しての情熱もですが、人に対しての思いやりや視線がとてもあたたかくてステキです。そしてその思いは、家族や千雪だけではなく柳田のような仕事人間さえも動かしていくほどの力を持っています。

さらに育人が既に持っているファッションデザイナーとして必要な天性のセンスと技術力が、他の天才たちにも伝わるらしく、厳しい言葉や課題をビシビシ与えて、また育人がそれに食らいついてガンガン応えていく様がカッコイイです!天才は天才にしかわからない何かを持っている、そんな感じです。

そして育人の心の中に、いつも家族と同じくらい強く存在している千雪。夢への道をともに支え合って開いた2人は、職種は違えどファッション業界で戦っていく戦友。お互いを刺激し合える2人の関係は、仕事面でも恋愛面でもますます盛り上がっていきそうです。

オススメ度:★★★★★★★★★★ ★10

Pocket
LINEで送る