みなクズ with 男子校系男子 (電撃コミックスEX)

日課として最近漫画を読んでいます。クズというキーワードについつい反応、良い事かどうかはさておきページをめくっていくと目次は単語二文字のタイトルで横に並んでいる構成。

目次のタイトルをよくよく見続けていると、[目標・友人・クズ]と並んでいます。更に見ていくと[遅刻・クズ・クズ]と並んだ時点でハマってしまいました。

一冊の中で同じタイトルを5回も使用しています。どうやらこの作品は[クズ]をキーワードに話を展開していく日常系の漫画だと理解、具体的にどうクズなのか?気になり続きを読みたくなりました。

あらすじ

話の序盤は女子学生3人がメインになり教室を舞台に話を展開していく構成、1つの例として遅刻した言い訳を考える理由がなんなのか?その問いかけにたいしても正しく[クズ]の回答が返ってきます。

中盤を迎えると男子学生3人が軸となり話が進んでいき、男子学生が一度は経験する[エッチな本をコンビニ買う]という冒険を3人が順番に挑んでいくことになりますが、そこにもきちんとオチが用意されてます。

中盤では男子学生の家族の触れ合いや学校での先生の話を折り返すと、終盤で再度女子学生グループの話に変更。日常の会話の中に盛り込まれるクズなやりとりで締めくくり1巻は終了となります。

感想

学園モノで日常系ですがクズという付属価値がある

構成自体はどれも1~2Pの読み切り型になっています。絵の質感はというと[ヘタウマ]という表現が近く、その加減がさらに作品にシュールな印象を付け加えていると言っていいでしょう。数ページ読み切り型なので、ながら読みにも合っています。

一言に[クズ]と言ってもどういったものなのかは中々わかりにくいです。しかし、この作品の場合1話ごとにきちんと[クズ]という表現に結びつくオチを用意しています。その落としどころがいたずらっこの思考に近く、ついついほくそ笑んでしまいます。

あくびしている人の口に何か突っ込みたい、子供の夢をぶちこわしたい。といったコマを最初に用意。話の一コマ目に読者に喰いついてもらうネタを投下しています。出オチで笑わせながら再度オチに持ち込んで行く所がこの作品のウリを言えるでしょう。

女子学生編と男子学生編のシリーズでできた一冊

女子編では舞台が教室をメインにしているのに対し、男子編では舞台がコンビニや主要キャラの自宅という形になっています。そこからさらに主人公の姉や学校の先生というキャラも絡ませることで話に広がりが出てくるため、飽きずに新鮮さを維持できます。

女子編に比べると男子編は男の子っぽさが出ており、男子編の2P目で早速主要キャラがエロ本が読みたいと発言、話がそこから展開していきます。絵のタッチでは伝わりにくいかもしれませんが、ギャグマンガらしさも持ち合わせています。

彼女がいないのに生徒の前では見栄を張りたくて、ついつい居ると嘘をついてしまう先生の話を一つの例とし、確かにクズと言える所が話には織り込まれていますが、人間臭さを感じる微笑ましさも含まれている作品でもあります。

問題提議のくだらなさが作品の世界観を生み出している

[クズとはなにか?]から始まり、[財布を拾った時の一番のクズ行為はなにか?]や[なぜ女の人はおっぱいを揉ませてくれないのか?]という話の中に出てくる問題定義がある意味大喜利のテーマのような節もあり、導き出す答えが何なのか気になり読む意欲を掻き立てます。

一見クズにまとめて話をくくらせるだけの作品なのかと思いきや、話の中にはヤンキー漫画で使っても遜色のないギャグ要素も含まれており、ほくそ笑むというより純粋に笑ってしまうようなネタが用意してあり、それがこの作品の味でもあります。

本来ネット用語で使われがちであろう、[アンチ]や[マジレス]というワードが本作品の中に使用されているため、作品のテーマである[クズ]との互換性が高いのは否めない部分といえるでしょう。何をもってクズとするか?いい主題になると思います。

まとめ

この作品自体は決して絵がうまい、話が深いというわけではありません。しかし、日常生活の中にある当たり前の人間関係や物事から掘り起こされる笑えるエピソードはついついページをめくって読んでしまう中毒性があります。

自分自身が送っていた学生生活の出来事をより、シュールにまとめて上げてくれたというのが正直な感想です。女子学生の会話の内容や男子編だから出来る話の作り方は良い構成で飽きずに読むことが出来ました。二巻での話の展開にも期待したいです。

読めば読むほどハマっていくスルメっぽい作品です。ですが一つ一つの話はジャブを打ち込むような浅い落ちではなく、正しく[クズ]というキーワードに相応しい重いパンチを打ち込んでくれるのがこの作品の特徴と言えるでしょう。

オススメ度:★★★★★★★★☆☆ ★8