Pocket
LINEで送る

ミコさんは腑に落ちない(2) (アフタヌーンKC)

「ミコさんは腑に落ちない」という不思議なタイトルと温かみのある絵柄に興味を抱き、なんとなく軽い気持ちで買ってみました。

同棲している彼氏彼女の何気ない日常を描いた作品だったのですが、彼氏がニートという設定がおもしろく、また心温まるエピソードが多かったので続巻を待ちわびていました。

そして、ようやく待望の2巻が発売です。しかし、非常に残念なことに「ミコさんは腑に落ちない」はこれにて完結。どのような結末が描かれるのでしょうか。

あらすじ

OLのミコさんは多忙な生活をおくっていますが、そんな彼女を支える同棲中の彼氏がいました。料理、洗濯、掃除を完璧にこなす彼氏のエンさんはミコさんにとって非常にありがたい存在。

しかし、そんな何でもできるエンさんにもたった一つだけ欠点があったのです。なんと働いていないニートだということ。

ダメ男に思われがちのエンさんですが、ミコさんエンさんのカップルは意外とうまくやれています。そんな2人の日常を描くラブコメディです!

感想

ミコさんは今も昔も変わらない!

ミコさんエンさんのカップルはいったいどこで、どのように知り合ったのかが非常に気になるところです。1巻ではエンさんが昔働いていたレストランに、ミコさんが客として来店して出会った、とそれとなく書かれていました。

その2人の出会いについての詳細が語られます。いまや息ぴったりのカップルですが、やはり出会った瞬間からそうだったわけではありません。しかし、ミコさんは今も昔も大して変わらず男らしい姿をみせつけてくれます。

また、1巻では顔を髪で隠し続けたエンさんですが、昔話のエンさんは顔出しをしています。想像以上に優しげな顔をしており、元気はつらつなミコさんと落ち着いたエンさんとまさにぴったりなカップです。できれば、付き合うまでの過程も読んでみたかったですが、出会いを知れただけよしとしましょう。

なんとエンさんが就職!?どこで働くの?

本作はミコさんとエンさんの何気ない日常だけが描かれるかと思っていましたが、なんとエンさんが爆弾発言をかまします。「就職が決まりそうなんですけど」。この言葉にはミコさんも驚いてしまいます。多くの読者も驚いたことでしょう。

どうやら、以前働いていたイタリア料理屋の先輩がお店を構えるようで、そこで再び料理人として働くつもりのようなのです。確かに働くという決意は立派ですが、1巻からエンさんを知っている読者は、まさかエンさんが働くなんて想像もつかなかったのではないでしょうか。

山なし谷なしな物語かと思いきや、意外なところで意外な展開が訪れました。また、2巻ではエンさんに関係のないところではありますが、結婚についてのお話も描かれます。その話とエンさんの就職を受けて、ミコさんはどのような想いを抱いたのかが気になるところです。

ミコさんに底知れぬ不安が襲う!?

エンさんが就職ということは、エンさんがいつも家にいることがなくなります。それは喜ばしいことではありますが、ミコにとってはどうなのでしょうか。帰宅した際にエンさんがいないということに、何かしら思うところがあるようです。

ミコさんは身の回りの世話をエンさんがすべてしてくれる生活に慣れ過ぎていたため、エンさんがいないと家事がろくにできないのです。また、温かく出迎えてくれることにも慣れ過ぎており、家にエンさんがいないという日常に寂しさを募らせてしまいます。

いつもは元気はつらつで、エンさんを引っ張っていくようなミコさんですが、やはりか弱い女の子なのです。寂しく思うこともあれば、いまだにエンさんにすべてを任せていることに思うことはあります。そんなミコさんがみせるいつもと違った一面には思わずキュンとしてしまうでしょう。

まとめ

「ミコさんは腑に落ちない」はラブコメ作品ではありますが、コメディというよりかはほのぼのといったジャンルでしょうか。ストーリーによっては笑いも提供してくれます。しかし、「笑顔」を提供してくれることのほうが圧倒的に多いです。

そして、その笑顔によって心が温まり、落ち着きを保つことができます。そのため、心が荒れている方や心に余裕がない方にぜひとも読んでいただきたいです。きっと、ミコさんエンさんを見ていると嫌なことなんてすぐに忘れてしまいます。

さて、残念なことに心温まる2人の日常もこれにて終幕です。物足りないと感じる方も多いでしょうが、逆に未読の方は2巻で完結と思えばとっつきやすいのではないでしょうか。たった2冊ではありますが、読者の心に温かいものを残す作品でした。ぜひとも読んでみてください。

オススメ度:★★★★★★★★★★ ★10

記事担当:ゴン

Pocket
LINEで送る