Pocket
LINEで送る

双葉さん家の姉弟【Kindle限定「たっぷり」おまけ付き】 2 (ヤングアニマルコミックス)

「双葉さん家の姉弟 2 」の感想です。1巻がわりと好きな内容だったので今回2巻も読んでみることにしました。

元々この作者さんを知っていたので読み始めたのもあるのですがこれがなかなかにツボに入りました。とにかくどの子も可愛いのが良いです。

そしてこの2巻ではまた新たに姉弟が登場、双葉姉弟に劣らずなかなかなアレなこの新キャラクター達にも注目です。

あらすじ

チア部との約束通り合宿に連行された乙宏達は雑用をする羽目になります。しかし合宿ではちやほやされる乙宏に寧子が嫉妬したり二宮姉弟が仲良くなったり楽しい時間が過ぎます。

合宿以外でも双葉姉弟の仲の良さは止まりません。何故か小さくなった乙宏に色々お世話をする夢を見たり。逆に乙宏が寧子のブラジャーを買うことになったりと姉弟の間にはあぶないことばかりです。

そんな中登場する副会長の小林大吉と愛音の姉弟、大吉の方は寧子が好きなようですが愛音はと言うと?どうやらこちらも複雑な姉弟の関係があるようです。

感想

チア部の合宿で褒められる弟とヤキモチな姉

チア部との約束で合宿に行くことになった乙宏達ですがあにぃちゃんはちっとも役に立たないため夕食の支度をほぼ一人でこなす乙宏でした。しかしその夕飯が大好評でチア部の女子たちから褒められます。そして乙宏もそれには満更でもない模様です。

元々不良に見られてあまり褒められたことのない乙宏は嬉しそうなのですが、それを見た寧子は結構複雑な心境を見せます。何しろ普段はあまり周りからよく見られないけど本当は優しいと知っているので、弟が褒められるのはやっぱり嬉しいことには違いありません。

しかし周りが女の子だらけなのでヤキモチも焼いてしまします。そんな二人が夜に話しているとき時、寧子はヤキモチを正直に言うとなんと乙宏が抱きしめてきます。もうどっからどう見ても恋人です。それはそれとしてこの抱きしめるところのアングルがかなりエロいのでおすすめです。

あにぃちゃんの暴走は止まらない!

2巻の最初のシーンから出てくるあにぃちゃんこと二宮阿仁、どっからどう見ても可愛い女の子ですが実際は男の子と言うか男の娘です。いきなり合宿では乙宏に夕飯作りを任せっきりだったりと割りといい加減なあにぃちゃんですが、この合宿では妹の妹子とちょっぴり仲良くなります。

夜にいきなり妹子のベッドに潜り込んできたあにぃちゃんは女子同士恋バナしようと言ってきます。そこに同室の寧子が戻ってきたためこっそり隠れることに、しかしそれがきっかけで子供の頃の仲良かった頃の話を思い出すのでした。

妹子は普段はツンツンしてるけどなんだかんだあにぃちゃんが大好きなのがよくわかりますね。そして何よりこのシーンが最高です。二人が手をつなぎながらベッドで寝ているのですがとにかく可愛い。そのうえちょっぴり背徳的でかなり萌えます。

小学生に戻った弟をあれこれお世話する姉

見出しからしてヤバそうな話ですが実際に寧子の弟に対する愛情が振り切ってる話です。ある日帰ってきた乙宏が何故か小学四年生に縮んでいました。しかしあまりの可愛さにせっかくだからと楽しもうとする寧子でした。動じなさすぎです。

お構いなしに抱きつく寧子でしたがショタ乙宏はおっぱいが気になってしょうがありません。その上お風呂に一緒に入ることに、湯船では裸の寧子が後ろから抱きつく形になり当然おっぱいを押し付けています。しかしそれだけでは止まらないのが今回のすごい所です。

なんとおっぱいを触りたいと言い出す乙宏、そしてそれを了承する寧子と振り切っています。ココらは実際に絵で見てほしいところですが破壊力抜群です。とはいえこんな非現実的なことは実際起きるわけもなく、寧子の強い思いゆえの夢の話でした。

まとめ

とにかく兄弟のラブラブがこれでもかと盛り込まれていますが、2巻では新たに小林姉弟が新たな兄弟として登場です。これまでと一概義理の兄弟ということである意味今まで以上に色々起こりそうな気がします。今回の感想では双葉姉弟中心に書きましたが小林姉弟の話も面白かったですよ。

そしてなにより小林姉がガチで弟の大吉が好きなようです。何しろ義理ですから他の二組よりはっきり恋しています。また登場する女の子も色んなキャラが居て楽しいです。今回の小林姉はギャルっぽいですし、そもそも男の娘とかいますからね。

それにしてもなんだかおっぱいを強調したシーンが多かったです。お風呂はもちろんですが、ブラジャーの話だったりもありますし看病するところでもしっかりはだけています。姉弟物が好きな人だけでなくおっぱい好きにも進められるように思いました。

オススメ度:★★★★★★★★★☆ ★9

記事担当:ツブアン

Pocket
LINEで送る