Pocket
LINEで送る

メイのメイデン 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)

メイのメイデンについて、実はコミックが発売されるまで連載も知りませんでした。初めて知ったのは他の本を買う際に「おすすめ」欄に載っていたからです。

どんな本でも購入ページには「おすすめ」は表示されているのですが特に気にはしていません。しかしこの本はとにかく表紙がエロかわいい!

表紙の絵がこれだけかわいいと中身も気になってしまい、試し読みしてみると内容も自分好みだったので購入しようと思いました。

あらすじ

借金のカタとしてデリバリーカジノ「メイデンズ」で働くことになったアイは、教育係となるメイと2人でお客の元へ向かう事になります。

デリバリーカジノとはデリヘルとカジノの複合店になっており、客が勝てば無料でサービス、嬢が勝てば何もせず料金だけ支払うという変わったサービス内容になっていました。

勝てばアイとメイは綺麗な身体のまま仕事を終える事ができるのですが、相手はイカサマ使い。メイは様々な策と豪運で相手に立ち向かったのでした。

感想

ヒロインのメイさんは頭もお股もユルそう?

アイが初対面のメイを見た第一印象は、「すごい美人」「カワイイ」そして『頭もお股もユルそう』でした。明るいおバカな雰囲気にネグリジェのようなドレス、確かに上品な雰囲気ではありませんでした。やる事なすことが子供っぽいのも原因だと思います。

年齢は20歳なのですが、車の中ではジュースをがぶ飲みして到着早々お客の待つ部屋に到着するなりトイレへ駆け込むしまつ。見た感じ2リットルくらいジュースを飲んでいたので当然といえば当然ですね。そんなメイを見てアイは勝ち負けよりもギャンブルが出来るのか不安に思う程でした。

お客である鬼頭に拷問器具を使わせろという無茶苦茶な要望を出されても笑顔でOKしてしまうメイには、まるでどっちが教育係なのか分からなくなる程ツッコミをいれてしまいます。正直ここまでは本当にアイが想像した通りにしか見えませんでした。

本当のギャンブルが始まってからのメイはカッコいい!

メイがふざけているように見えるのはお遊びの様なギャンブルの最中だけ。「何でもアリの裏コース」が始まると徐々に顔つきが変わっていきます。さっきまでのおバカな雰囲気だったのに、頼れる姿はまるで別人の用に見えます。

途中で不利な展開になるもののどこか余裕を見せるメイ。そして脱衣ギャンブルを始めて衣服が下着一枚になった時、メイは裏の顔を表しました。このシーンは1ページまるごと使っていてすごく迫力があります。背景の色や表情から何やら闇を感じました。

メイは自分の身体を一生好きに使っていい権利をかけるだけでなく、とんでもなく不利な条件で勝負を挑むのですが、この頃には目つきが変わっていました。最初はカワイイ目つきだったのに、ハイライトの無くなったベタ目が多くなっています。結果として男性にとんでもないある症状を与えギャンブルは終了するのでした。

デリバリーカジノの衣装がエロかわいい!

ギャンブルの内容やイカサマの方法などもオリジナリティのある内容になっているのですが、やはり一番目を引くのは可愛いキャラとその際どい衣装です。ドレスなんですけどほとんど下着みたいな感じなので、絵が気になってなかなかページが進みませんでした。

出勤前に下着の説明をするためにわざわざドレスを脱いでくれたメイには感謝しかありません。派手派手なメイに比べて地味目で胸も小さく見えるアイなのですが、メイが言うにはスレンダーなのに意外とちゃんと出るトコ出ているのだとか……ここら辺のリポート力もさすがです。

脱衣ギャンブルではタイツから脱ぐのですが、この描写も最高でした。こういう展開になるとつい敵を応援してしまうのは男心ですね。ちなみにメイは見た目こそ幼いですが、身体つきはかなり大人びています!絵が上手いので裸の描写よりも衣服を着ている方がエッチに見えるのも凄いと思いました。

まとめ

まだ始まったばかりでギャンブルの内容などをあまり見た訳ではありませんが、このメイのメイデンは買う価値があります。なぜなら絵がかわいいからです!作画を担当しているレルシーさんはとにかく絵が上手い方なので、私の様に表紙につられて読み始めたという方も多いのではないでしょうか。

アイ、メイ共にまだまだ過去に何があったのか判明していない点も多いのでこれからどういう風に明かされていくのかも楽しみです。作中のオリジナルギャンブルも丁寧に説明してから話が進むのでギャンブルにあまり興味が無いという方でも十分に楽しめると思います。

そしてなんといっても一番の見どころはエロかわいいシーンです。「史上最もエロかわいい」を売りにしているだけあって、かわいさとエロさには特に力を入れているように感じました。身体だけでなく、目線や口元にまでエロスを感じる事がでる作品です。

オススメ度:★★★★★★★★★☆ ★9

Pocket
LINEで送る