Pocket
LINEで送る

ハイパーウルトラガーリッシュ(1) (電撃コミックスEX)

アニメが放映され話題となっているポプテピピック、私もその破天荒さに惹かれて、毎週楽しみに見ています。

そんなポプテピピックが元々は漫画ということは知っていて原作も読んだのですが、その作者さんが他の作品も書いていたということは知りませんでした。

アニメを見ていた際に流れていたコメントにてそのことを知り、どんなものなのかと気になり、書店へ買いに行ったのがこの本と出会ったきっかけです。

あらすじ

話ごとに舞台や背景が変わるこの作品のあらすじを語ることは極めて難しく、私の力ではとてもできそうにありません。

内容としては、ポプテピピックと同じような、独特のキャラクター達のボケや突っ込み、奇行を楽しむ漫画となっています。

やはりポプテピピックと同じように二人の女の子がメインキャラクターとなっていて、その二人を中心に話が展開されます。

感想

第一話から超個性的で引き込まれてしまう

作品の印象を決め、次も読むかどうかを読者に判断させる大切な場面である漫画の一番最初。この漫画ではその第一話を、キャラクター二人によるこの作品はどんなタイトルが良いかというタイトル談義で使い切ってしまっています。

各ページごとに様々なデザイン、言葉のタイトルを出して、もっとこんな方が良いといった話をしているだけなのですが、とにかく勢いが凄まじく、読んでいてとてつもなく型破りな漫画に出会ってしまった……と圧倒されます。

非常に凝ったデザインや二人の女子が男になったバージョンのタイトルなど沢山の案を出すのですが、結局最後は何も決まらずに終わってしまいます。この一連の展開を読んで、一体二話はどんな話なのかと気にならずにはいられなくなるのもこの一話の上手いところです。

メイちゃんがただひたすら可愛い

ポプテピピックは正直なところ、メインの二人を可愛いと思うようなことはあまりないような造形とセリフで作られているように感じます。しかしハイパーウルトラガーリッシュでは、メインのうちの一人はかなり純粋に可愛く感じられるキャラとなっています。

猫と触れ合っている際の表情がどれも微笑ましかったり、もう一人のテンちゃんのことを常に気にかけていたり、テンちゃんの奇行に振り回されて困った顔をしたり。まさか大山ぶくぶ先生の絵で、こんなに萌えを感じてしまうようなことになるとは思いませんでした。

そして、もう一人のテンちゃんはお世辞にも可愛いとは言えない奇抜すぎる灰汁の強いキャラ、そのほかの登場人物もどれも一癖も二癖もあるものばかりと、メイちゃんの周囲の過酷な環境も、結果的に彼女が可愛く見えてしまうことに何役も買っています。

作品は面白いネタのオンパレード

単なる日常にある大したことのないものを、笑いの止まらなくなるネタに昇華するという大山ぶくぶ節がこの漫画でも炸裂しており、コーヒーやテストの点といったテーマから、想像のできないような展開がなされ大笑いをすることができます。

時には一話丸々を使って、四コマで終わらない長めの話となっている場合もあるのですが、そんな話であっても主題はどこにあるのか全く分かりません。展開が二転三転する常識破りのストーリーは、読んでいてとても楽しいものです。

そんな面白い話ながら、先ほども書きましたが比較的純粋に萌えることのできるメイちゃんという存在がいます。このことにより、単なるギャグだけの漫画ではなく、メイちゃんの可愛さを楽しむこともできるという一挙両得な作品に仕上がっているのです。

まとめ

好きなポプテピピックに似ているけれど、また違う角度から見て書かれた作品を味わうことができました。ポプテピピックとハイパーウルトラガーリッシュの同じ部分、異なる部分を見比べることで、両者をより楽しむこともできています。

メイちゃんの可愛さを堪能することもできました。ギャグマンガにおいて、こんなにも萌えを感じられたキャラクターに出会ったのはこれが初めてです。周囲が頭のおかしなキャラばかりなので、読んでいてしまいには不憫にすら感じてしまいました。

総合すると、やはり面白いギャグマンガを楽しむことができということになるかもしれません。笑いがあり、萌えもあり、まさに漫画を読むうえでの理想ともいえるような時間をハイパーウルトラガーリッシュはもたらしてくれました。

オススメ度:★★★★★★★★★☆ ★9

Pocket
LINEで送る