交通事故で死亡した中学生の日和見日郎(ヒロ)は「姫」と名乗る謎の少女の血を与えられ不死身の戦士として蘇生したが定期的に「姫」の血を飲まないと死んでしまうという制限のある不死身の戦士でした。王族だという「姫」には跡目争いの敵から守るためヒロはその戦いに身を投じていきます。その中でメイドで人造人間のフランドリン、人狼のリザ、吸血鬼の令裡も仲間になっていきます。

この仲間の構成を聞いてピンときた方はいらっしゃると思いますが藤子不二雄先生のマンガ「怪物くん」と同じ種族で構成されているんです。モチロン萌え漫画なので主人公以外は全員女の子ですが、そうして考えてみると主人公のヒロという名前や姉がいる設定も「怪物くん」と同じなのでそのような似た部分を探すのも楽しいですが、この作品はパロディ要素がなくても十分楽しめます。

実はこの作品には他の漫画と同じ構成のメンバーがいて王族の兄エミールとその部下、人造人間、鳥人間、人狼でこの漫画の元ネタは横山光輝先生の「バビル2世」です。特に人造人間は巨大で元ネタのポセイドンに似ています。他にも石ノ森章太郎先生の「009」やタツノコプロの「新造人間キャシャーン」などのメンバーんのパロディも登場するのでぜひ探してみてください。

【豆知識】『怪物王女』「姫」のメンバーには前例があった

View Results

Loading ... Loading ...

記事担当:ぼんじり