To LOVEる -とらぶる- ダークネスという漫画で主人公のリトのハーレムを作ろうとして、リトに積極的なアプローチを仕掛けるのがモモです。モモは大胆にリトに迫ってリトを肉食系男子にしようとしています。なのでモモが余裕を持ってリトを弄んでいる様に見えるのですが、実はすべてモモの演技で余裕なんてないウブな女の子です。

その余裕のなさが出てしまった回が第5巻の第17話です。第17話ではリトを肉食化させるために体育館に呼び出します。そしてリトに対して体を密着してリトの上半身を脱がせます。しかしリトはなんとかモモを止めようと思い、モモの肩に手を触れた途端にモモは顔を真っ赤にして行為をやめてしまいます。その理由はリトが本気になってしまったのではないかと思い怖くなったからです。

余裕がありそうに見えて実は余裕がなく、リトが本気になってしまったらどうしたらいいのかすらも分からないのにリトを誘っている。ではなんでそんな事をしているのか?というとひとえにリトに愛されたいからです!その純粋で健気な気持ちがモモのカワイらしさなんです。モモのそんな純粋な気持ちを考えながら読んでみるとモモへの見方も変わって作品をより一層楽しめると思います。

【豆知識】『To LOVEるダークネス』モモは純粋で健気な女の子

View Results

Loading ... Loading ...