Pocket
LINEで送る

テレビアニメ第二期が放映中で人気に衰えの見えない『だがしかし』ですが、実は駄菓子が出ない回が存在します。しかも単行本2巻という比較的早い段階であり、駄菓子が出ないことからメーカー名なども出ないなど作品中でも異彩を放っています。具体的には『第32かし:けん玉』で、駄菓子屋に良く置いてあるからというシンプルな理由になっています。

第32かしでは、豆が原宿のヒップホップ育ちの間でけん玉がはやっているという話を持ち込むことから始まります。しかし、ココノツはけん玉が売れたことを見たことがないと主張します。そして、豆は自分が言ったことが正しいとココノツに認めさせるためにしかだ駄菓子においてあるけん玉を二つ購入するのです。その額合計2600円。だがしかしではなかなか見ない金額です。

早速けん玉を楽しもうとする豆ですが当然のように失敗し、怪我までしてしまいます。慣れるまでは危ないので高度な技はやらないようにしましょう。しかし、そこに偶然通りかかった豆の妹、サヤが華麗なけん玉捌きを披露することになります。原作漫画ではストーリー重視の話が増えているため駄菓子が出ない回も増えていますが、ストーリーと関係なく駄菓子が登場しない回もあったのです。

【豆知識】『だがしかし』駄菓子が出ないお話がある

View Results

Loading ... Loading ...

月10冊程度、年間100冊超の漫画を読むフリーライター。非定期で友人と百合漫画を語る会を開きますが、ジャンルは不問で何でも読みます。

Pocket
LINEで送る