Pocket
LINEで送る

賭ケグルイ双 6巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)

私は、元々「賭ケグルイ」を読んでいたので、その流れでこちらの作品にも行き着きました。だから、自然な流れですね。

この作品は、いわゆるスピンオフ。今回のスピンオフの主人公は、金髪ツインテールでおなじみの「早乙女芽亜里です」。

だから、本作のタイトルも「ツインテール」のツインを取って「双」になっているわけです。話自体は、原作の1年前になっています。

あらすじ

聚楽から、自分たちの賭場を守るために勝負に挑んだ早乙女芽亜里は、聚楽に破れてしまいます。そこが第5巻のラストまで。

今回の第6巻からは、「善咲会に入る」or「聚楽の家畜になる」の二択を迫られる早乙女芽亜里の描写から始まります。

「もうここからは挽回できない」と、絶望の淵に立たされる早乙女芽亜里の元に、佐渡みくらが現れる!彼女は、敵か?味方か?

感想

人間の本当の姿が浮き彫りになる!

今回も、ぞくぞくするギャンブルが繰り広げられます。今回のギャンブルは「掟ゲーム」。どんなゲーム内容なのかは、ネタバレになっちゃうから詳しく説明できないんですが、人間の本当の姿が浮き彫りになるスリリングな内容でした。

賭ケグルイにはたくさんのギャンブルが出てきますが、私個人としては、トップ3に入るぐらい好きなギャンブルでしたね。しかも、このギャンブルを早乙女芽亜里がやっているというのがいいんですよ(佐渡みくらもやってますが)。

早乙女芽亜里といえば、プライドが高くて、とにかく負けず嫌い。本編では、蛇喰夢子に煮え湯を飲まされたわけですが、それでも這い上がってくる負けん気の強さがありますよね?それが、今回のギャンブルでも光っていました!ますます好きになりました。

早乙女芽亜里&佐渡みくらのタッグ

今回は、早乙女芽亜里&佐渡みくらのタッグが一番の注目ポイント!賭ケグルイは、色んなキャラクターの協力バトルが繰り広げられますが、私個人としては、今回の組み合わせが一番興奮できました。何回も読み返しましたからね!

早乙女芽亜里は、基本的に一匹狼で、誰かとつるむようなタイプではありません。そんな早乙女芽亜里が、誰かと協力するなんてちょっと想像しにくいんですが、タッグを組んだ時の早乙女芽亜里の「頼りになる感じ」はすごい!

早乙女芽亜里って、ツインテールのかわいいキャラクターなんだけど、男気があるんです。敵に回すと怖いタイプですが、味方につけるとほっとできる人。「こんな人が周りにいたらさぞかし頼りになるだろうな」と思いながら、楽しませてもらいました。

本編を知らない人でも入っていける面白さ

本作は、賭ケグルイのスピンオフです。とはいっても、同じキャラクターが出てくるとは限りません。本作にしか出てこないキャラクターもいるんです。また、それが本編とは違うアナザーストーリーで絡んでくるのポイント。

だから、本編の賭ケグルイを見たことない人でも、ちゃんとストーリーについていける内容になっています。それは、今回の第6巻からだと難しいので、第1巻から見なければなりませんが…。でも、展開が早いからすぐ追いつけます。

また、今作はa「本編の1年前」ということもあり、「どうやって本編につながっているのか?」を意識しながら読んでいくのも醍醐味のひとつです。まあ、蛇喰夢子が来た途端に、早乙女芽亜里は家畜になっちゃうんですけどね。

まとめ

今回の第6巻で強く描かれていたのは「友情」や「信頼」と言う「絆」の部分だったと思います。今作品は、ギャンブルということもあり、本来は騙し騙されの内容が多いのです。しかし、もともと味方ではなかった人物との共闘!

これは、少年漫画の「ベジータが味方になった」に近いかもしれません。それを、女同士で描いているのがミソだと思います。女同士だけど「男気溢れる」第6巻の展開は、世の中の男性陣も見習わなければいけませんね!

それにプラスして、賭ケグルイから常々感じるのは「世の中」を反映していること。学園でのギャンブルという、エキセントリックな内容ではありますが、社会の縮図と重なる場面が多い!誰もがドキッとさせられる恐怖があるので、教訓にしてみてください。

オススメ度:★★★★★★★★★☆ ★9

Pocket
LINEで送る