Pocket
LINEで送る

えじぷり! 2 (裏少年サンデーコミックス)

私は五年ほど前に裏サンデーに出会って以来、そこで掲載される独特な漫画たちに惹かれてサイトを頻繁に覗いています。

えじぷり!という作品に出会ったのもある日覗いた裏サンデーにあったからで、たちまちその面白さに引き込まれてしまいました。

そして第一巻を買い、今回また完結編である第二巻が出るということで、すぐに買いに行って読むことにしました。

あらすじ

モテるのに全く彼女を作らない煌が、好きな人ができたといってその友人であるテツに見せたのは、なんとエジプトの壁画から飛び出してきたかのようなクレオパトラでした。

困惑するクレオパトラのクレオさんと、それに猛アプローチをかける煌、それに振り回されるテツの物語が第二巻でも紡がれます。

しかし二人の関係は徐々に深いものになっていき、そして最後二人は無事に両想いとなり、結ばれることとなります。

感想

テンプレ通りのエジプトキャラの出てくる作品

キャラクターを古代エジプトや古代ローマをモチーフにし、その豆知識などを入れることで読者を笑わせながらストーリーを進める漫画や小説というのは、比較的多く世の中に出ている一つのテンプレートと言ってもいいかもしれません。

えじぷり!はそういったものとは少し毛色を変え奇抜さを狙ったものではなく、あくまでそのテンプレートを忠実に守った作品です。そのため驚愕の展開などはありませんが、その分安心して、ただひたすら笑って楽しくこの漫画を読むことができました。

読者がえじぷり!に何を期待しているかを作者さんはしっかりと把握していたようで、途中で展開が変わりテンプレ通りの話が急展開を迎えてしまうようなこともなく、最後まで物語が進み、無事に大団円を迎えたこともとても良かったと思います。

エジプト知識のギャグのキレがとても良い

学生たちの日常を描いた漫画の中で突如飛び出すエジプトを絡めたギャグ、第一巻どころか第一話からすでにそのキレは冴えわたっていたものなのですが、第二巻でもパワーダウンするどころかますます面白いネタが目白押しとなっています。

また、エジプト知識を絡めたギャグと言っても、その内容は様々で、表現も背景までエジプト風にするようなものからエジプトの物だけをデカデカと出してくるものまで、実に多種多彩、全く飽きることなく最後まで笑い続けることができました。

それらのエジプト知識が、一般人であっても知っているようなものも多いのも魅力です。マニアックなネタは数個ならそんなの知らないよと笑えるのですが、あまりにも数が出てくるとついて行けなくなってしまいます。その点この漫画では誰でも知っているようなエジプトネタもよく登場し、とても分かりやすくなっています。

恋愛部分も読んでいてとても面白い

横顔が美人という表現通り、エジプトの壁画からそのまま飛び出してきたかのようなクレオさん。正直なところ最初は単なるギャグ要因かと思っていたのですが、読んでいくうちに次第にそれがかわいく見えてきてしまいます。

作者さんの書き方が非常に上手く、あくまで平面的な、壁画のキャラなのですが、その仕草や表情が絶妙なためにそこに思わず萌えを感じてしまうほどです。物語が進むほどその可愛さは増していき、それに惚れた煌の気持ちも分かるようになってきてしまいます。

そしてそんなクレオさんの心を射止めようとする煌と、それに戸惑うクレオさん二人の恋愛模様は、コメディー色の強い作品であってもしっかりと表現されます。その非常にゆっくりながらも徐々に進展していく二人を見るうちに、思わず応援したくなるほどです。

まとめ

まずは何より、第一巻を読んでからずっと待ちきれなかったその続きを読む機会を得ることができました。漫画は、ずっと待ち続ける中で勝手に上がってしまったハードルも軽々と飛び越えてくれ、読んでいてとても楽しい時間を過ごすことができました。

テンプレート通りの作品の面白さを再確認することができたのも良かったことです。正直なところ使い古されたテンプレでは今後面白い作品など出てこないだろうと勝手に思っていたので、そんな思い込みをいい意味で裏切られました。

とは言ってもこの漫画ならではの部分もあります。それが、クレオさんが壁画からそのまま出てきたような平面的な顔をしていることです。そしてそんな横顔ヒロインに萌えることができるようになってしまったのも、この本を読んで得たこととなります。

オススメ度:★★★★★★★★☆☆ ★8

Pocket
LINEで送る