将来的に死んでくれ(3) (講談社コミックス)

私は週刊少年マガジンを長く読んでいるのですが、「将来的に死んでくれ」と出会ったのも週刊少年マガジンでした。

読み切りマンガとして掲載されていたのですが、後々になって普段は別冊少年マガジンで連載している事をしって読み始める事に。

タイトルはとんでもなく物騒ですが、笑いあり強引な百合ありの面白い内容にひかれて今回発売された3巻まで読んでいます。

あらすじ

夏休みもかなり過ぎ去った頃、ついに小槙とデート(のつもり)をすることになった菱川は暑さにイラ立ちながら小槙を待っていました。

暑さに負けるような小槙への想いに自己嫌悪していたのですが、そこへ現れた私服の小槙を見ていつも以上のハイテンションに急上昇。

いよいよ二人きりのデート(?)が始まったのですが、果たしてこのハイテンションのまま小槙を怒らせるような事なく上手くいくのでしょうか……

感想

私服の小槙ちゃんは10割増しかわいい!

私服の小槙を見てエンジン全開メーター振り切りの菱川なのですが、もうそれも仕方ないと言わざるを得ないほど私服の小槙はめちゃくちゃかわいいです。スレンダー体系なのでジーンズが良く似合います。かわいい+クールビューティー=小槙ちゃんですね。

服装だけでなく髪形もポニーテールになっているのも個人的には最高でした。菱川曰く、わきが見えそうな服装でお尻のラインも見えていそうとか……この話に後姿の描写が無い事に憤りを感じ、菱川ではありませんが机を叩きたくなる衝動にかられました。

今回新しく発覚した小槙ちゃん情報としては、甘いものが好きだとか。新作お菓子の話をしているときは笑顔になってしまう程好きなようです。菱川も思わずパティシエの修業を始めそうになるくらいまぶしい笑顔でした。

小槙ちゃんは3巻でも言いたいことを言う

人を褒めたりすることに対して全く恥ずかしさを感じない様子の小槙は3巻でも思ったことをズバズバ言って菱川を暴走させてしまいます。夏休みのデートでおめかししてきた菱川には向かい合って目を見ながら言ったセリフは、菱川に生まれてきて良かったと思わせるほどの破壊力でした。

菱川が兄を連れて買い物に行った際にも小槙と出会うのですが、そこで兄弟げんかをしている姿を見て笑う小槙。ここでもレアな笑い顔を披露しながら「かーわいい」と言います。おそらくこのシーンを見た人の大半が「小槙がかわいいんだよ!」と思うはずです。

しかしサバサバとした性格は時に菱川へ残酷な結末も与えてしまいます。誕生日プレゼント代わりにと菱川の髪形を好きなようにいじっていた小槙なのですが、髪形を好きにしてもらって喜んでいる菱川に向かって無情のクーリングオフ宣言。一生大切にしてもらいたかった菱川に数秒で返品してしまいました。

3巻終盤、菱川に訪れるチャンスの連続!

常に空回りしてばかりの菱川ですが、ついに千載一遇のチャンスが連続でやってきました。まずは小槙へのマッサージ……は、いつもの如く空回りしたのですが、見かねた小槙が菱川の肩を揉むという願ったりかなったりの展開に。菱川はこの日を肩もみ記念日として毎年お祝いする事を決意します。

そして3巻の山場となるのは二人きりでの保健室イベント。熱を出した小槙を保健室まで連れてくると、そこには先生不在の札が。このベタな展開には菱川も思わずガタガタと震えるほどでした。2人きりになるチャンスなのに職員室へ先制を呼びに行こうとするあたり、かなりの動揺を感じます。

「そんなすぐ寝れない」と言いつつ保健室のベッドで横になる小槙。なんと3秒で就寝!たった3秒でのおやすみに悶えつつ、菱川は冷静に考え今が大大大チャンスだと気づきます。無防備な小槙、2人きりの保健室とくればやることは1つですよね。とは言えギャグマンガなので落ちがあると思いきやまさかの……

まとめ

今回も小槙ちゃんの可愛さと菱川のぶっ飛び具合はいつも通りでした。それに加え、新たに菱川の兄まで新キャラとして登場。学校や街中でも有名なほどのイケメンなのですが、なんだかシスコンの気配がします。頭の中身以外は美少女の菱川が霞むレベルなのでかなりのイケメンのようです。

「将来的に死んでくれ」は毎回区切りが悪いというか、めちゃくちゃ気になる所で次巻に続くのですが、今回は過去最大級に気になる所で終わってしまいます。どうしてこんなところで区切ったんだ!と出版社に電話したくなる程に生殺し状態で数か月待つことに。早く続きが見たいです……

実はこの作品には声優付きのCMもあるのですが、有名な声優さんを使っていてそのままアニメ化してくれても良いくらいのデキになっています。マンガも面白くてテンポも良いので今後メディア展開も含めてどうなっていくのか大いに期待しています。

オススメ度:★★★★★★★★★★ ★10