Pocket
LINEで送る

SHOW BY ROCK!! BUD VIRGIN LOGIC ひみつの因果律量法則!アイレーンちゃん様 2 (BUNCH COMICS)

私は、『SHOW BY ROCK!!』シリーズのファンというほどではありませんがそれをかじっており、その中のひとつのバンドである『BUD VIRGIN LOGIC』のことも知っていました。

彼女たちのバンドは謎に包まれたミステリアスな存在で、私の認識ではそういった点を売りにしているものだとばかり思っていました。

そんなバンドの違った面を見ることのできる漫画が出ると聞き、一体どんなものなのだろうと気になったのが私がこの本と出合ったきっかけです。

あらすじ

音楽を制した者が王となる街『MIDICITY』には、謎の大人気ガールズバンド、『BUD VIRGIN LOGIC』が存在します。

そのボーカル兼ギターであるアイレーンちゃんは、舞台の上以外ではうってかわって自堕落でずぼらな生活を送ってばかり。

小さな事件などがありつつも相変わらず怠惰な日々を送っていたアイレーンちゃん。そんな中、他のバンドとの対戦である『対バン』を前にして、思わぬ事態に陥ってしまいます。

感想

アイレーンちゃんがただひたすらかわいい

舞台の上ではキラキラと輝いており、アイレーン様と呼ばれるのにふさわしいような彼女。しかし家では一転して超絶自堕落娘となり、アイレーンちゃんと呼ぶのがふさわしいようなかわいらしいマスコット的存在に早変わりします。

そんなアイレーンちゃんのかわいさはこの本でもとどまることを知りません。周囲に誰も居なければ、家だけではなく舞台裏の楽屋や外出先などでもその小動物的な振る舞いをして読者をなごませてくれ、どのページを見てもアイレーンちゃんの愛らしさであふれる漫画になっています。

また、自堕落とは言ってもアイレーンちゃんは図太い性格なわけではありません。そのため知らない人に会って驚いたり、慌てたり、焦ったり、とくかく感情表現が豊かで表情がころころ変わるのもとても魅力的な点になっています。

アイレーンちゃんお付きの二人も超かわいい

バンドを構成するのは、アイレーン様とそのメイドのペイペイン、ミューモロイドのハンドレッコ。ペイペインはおっとりしていてアイレーンちゃんに良く振り回されてはいますが、いざとなると一番強く、簡単にアイレーンちゃんを手玉に取ってしまいます。

ハンドレッコはアイレーンちゃんに忠実な存在ですが、時々ボケては逆にアイレーンちゃんを振り回すようなこともあります。作者さんの絵がとてもかわいいこともあり、どちらも表情豊かで非常に魅力的なキャラクターです。

これまでずっといっしょにアイレーンちゃんの世話をやいてきた仲の良い二人ですが、ストーリーの中では事件をめぐって少し対立することにもなります。それぞれ意見こそ異なるもののどちらもアイレーンちゃんを心配し思いやる気持ちは同じであり、温かい気持ちにさせられてしまいました。

そんなアイレーンちゃんたちの魅力を存分に引き出すストーリー

ぐだぐだしてばかりのアイレーンちゃんに周囲が振り回される日々が描かれる話。ちょっとした事件が起きてそれを皆で解決する話。シリアスな展開になり、数話にまたがってその顛末がつづられる話。様々なストーリーがあり、いずれもキャラクターの魅力を引き出す素晴らしいものです。

日常回ではアイレーンちゃんのだらしない姿にかわいい姿、お付きの二人の呆れる姿や怒る姿を。事件の起きる回ではアイレーンちゃんの慌てる姿やむすっとした表情、二人のしっかりした様子や戸惑う姿を。それぞれ楽しむことができます。

また、シリアスな回では落ち込んだり、深く考え込むようなアイレーンちゃんや、それを優しく気づかう二人といったあまり見られない光景も見ることができ、全てを読むことでキャラクターの様々な面を知り楽しむことができました。

まとめ

この本を読めば誰もがアイレーンちゃんのかわいさに萌え、そのかわいさの過剰摂取のあまり思わず倒れそうになってしまうかと思います。舞台ではかっこよく、家ではぐーたらでかわいい小動物、このギャップはたまりません。

そしてこの作品には、そんなアイレーンちゃんのかわいさを味わうのを邪魔するような存在は全くありません。振り回されるお付きの二人も、アイレーンちゃんと出会い交流する様々なキャラ達も、皆そのかわいさを増幅させてくれる要素になっているのです。

萌えの過剰摂取で死にたい、かわいさだけをひたすら感じるような漫画が読みたい、そんなことを思っている人であるならば、『SHOW BY ROCK!!』を知っていても知らなくても楽しめると断言できるような素晴らしい本となっています。

オススメ度:★★★★★★★☆☆☆ ★7

Pocket
LINEで送る