Pocket
LINEで送る

遠藤靖子は夜迷町に隠れてる(2) (ヤングキングコミックス)

新しい漫画の開拓をするために、インターネットをしていた時に、偶然見つけたのがきっかけです。まずは、絵の美しさに一目惚れ。

ごちゃごちゃしている作画じゃなくて、とても見やすいのが好印象でした。キャラクターは可愛いし、外面としては申し分なし。

詳しい内容は後述しますが、読んでみると、いい意味で先入観を裏切られる面白さがありました。これは、癖になるシュールさです。

あらすじ

ヴァンパイアの遠藤靖子と一緒に暮らすことになったしずえ。そんな二人が共同生活を送る、日常系のファンタジー漫画。

1巻のラストの方では、靖子の上に鉄骨が転落!病院に運ばれる靖子でしたが、なんと奇跡的に無傷!そんな靖子をみて、怪しむクラスメイト。

靖子は、しずえを引き寄せて、自分の正体をクラスメイトに明かそうと、、、?少女たちのゆかいな日常もついに完結へ!

感想

表紙の世界観良い意味で裏切る内容

「遠藤靖子は夜迷町に隠れてる」。この漫画のタイトルからして、「ミステリー系のライトノベルです!」という雰囲気がプンプンしてくる人も、多いことでしょう。表紙の世界観からも、そんな匂いが漂ってきます。だけど、実際は違います。

ミステリー要素はなくはないですが、どちらかと言うとギャグ漫画ですね。キャラクターの表情も、コミカルに描かれている場面が多くて、楽しい気持ちになれる漫画です。わかりやすい笑いも多いし、シュールな笑いも多いし。

笑いのツボは幅広いので、いろんな人が笑える漫画だと思います。だけど、シリアスな要素もたまに入ってきます。そのギャグとシリアスの切り替えのテンポ感が気持ちいいです。「間」の作り方が上手な作者だと思いました。

少女たちのバランスの取れた関係性

しずえや遠藤靖子をはじめ、物語を動かしていく数人の少女たち。この少女達の性格が、バランス良く散らばっていて、素敵な関係なんです。決して、百合系の漫画ではありませんが、ちょっと百合っぽいところもあって良い感じ。

男性のキャラクターも出てきますが、基本は女性のキャラクターが多いので、「可愛い女の子が出てくる漫画が好き!」という人は、満足してもらえるのではないでしょうか?サービスカットも含まれているから、男性読者の期待を裏切らないのもgood(笑)

そして、キャラクターで気になるのは、遠藤靖子のバックホーンです。1巻の時点では、彼女のバックホーンははっきり描かれていませんでした。残念ながら、完結編となる今回では、そこがどこまで描かれているのか?要注目です。

ゆる~い日常のリズムが良い感じ

事件性のあるシーンが出てきながらも「事件を解決する気はなさそう」な、ゆる~い展開が魅力的。学校のシーンが多いのは、個人的にはツボでした。女子高生達のリアルな日常が描かれていて、意外にもアットホームな面白さ。

ヴァンパイア系の漫画って、ある程度で尽くしている印象があったんですが、「遠藤靖子は夜迷町に隠れてる」は、その隙間をうまくくぐり抜けてる!この「隙間感」は、癖になってきたところだったので、今回で完結なのは惜しいなぁ。

是非、続編を描いてもらいたいですね。本編の続きでもいいですし、スピンオフでもいいかもしれません。スピンオフは、当たり前になっている手法なので、作者には是非検討してもらいたいところ。アニメ化にも期待です!

まとめ

「漫画はやっぱり読んでみないと面白さがわからない」というのが改めてわかりました。「人は見かけによらない」という言葉がありますがそれに通ずる漫画です。それぐらい、タイトルと表紙から伝わってくる中身の印象が違いましたからね。

ヴァンパイア系作品の新たな面白さを教えてくれたのも良かった。出会えてよかったと久しぶりに思えた漫画だったので、どうして今回で完結を迎えでしまうのか?不思議で仕方がありません。不評だったんでしょうかね?理由が気になります!

2巻で完結ということで、新規の読者でも1日あれば読みつくせてしまいま。だから、気軽に目を通してみてください。決して高い買い物ではないので、学生さんにもおすすめです。そして、周りの人にも、この面白さを教えてあげましょう。

オススメ度:★★★★★★★★☆☆ ★8

Pocket
LINEで送る